※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:51歳
インタビュー時:56歳(2008年7月)

首都圏在住。専業主婦で成人した子どもが2人いる。2003年夏、夫の単身赴任中に右乳がん(小葉がん)が見つかる。乳房温存術とリンパ節郭清後、ホルモン療法と放射線療法を行った。手術後4ヶ月以上経過して、間質性肺炎と診断された。現在、ステロイドを内服しながら経過を見ている。

私は結局薬をやめても肺炎は治らなくて、まあ普通だったら薬剤性肺炎なので、薬をやめれば、治るはずだと言われたんですけども、結局治らずに、今でもステロイドは飲み続けています。で、もしかしたら、私自身に、そういう要素があって、副作用がきっかけでその病気が出たのかもしれないし、もうそこの原因は全く分からないんですけれども…、でも、とにかく誘発原因になったことは確かなので、乳がんの治療ではなく、予防のための治療のために、ほかの病気を、ほかのもっと重大な病気を引き起こしてしまうというのは、やはり良くないことだと思います。 で、乳がんの再発を、抑制するといっても、10%ぐらいの抑制のために、ほかの病気を起こしてステロイドを飲み続けなければいけなくなるような体になってしまうということはやはりおかしいんじゃないかと思うので、…患者はもっとその選択権を持っていいといいますか、情報をちゃんと教えてもらって、どちらの危険性を取るかというのをですね、ちゃんと自分で選べるようにしたほうがいいと思うんですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧