※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:51歳
インタビュー時:56歳(2008年7月)

首都圏在住。専業主婦で成人した子どもが2人いる。2003年夏、夫の単身赴任中に右乳がん(小葉がん)が見つかる。乳房温存術とリンパ節郭清後、ホルモン療法と放射線療法を行った。手術後4ヶ月以上経過して、間質性肺炎と診断された。現在、ステロイドを内服しながら経過を見ている。

病院を探そうということになったんですけれども、そのときに、夫が転勤して単身赴任で、家にいなかったので、手術を受けるんだったら、夫の転勤先でしようかなと、夫のそばでしようと思って、病院を探して、そちらのほうに紹介状を書いていただいて、手術を受けました。
たまたま夫の赴任先が私の故郷と言いますか、実家のあるところだったんですね。で、まあ昔からの友達もいますし、それで、まあ一番大きな要因というのは、夫がいるところっていうのでしたけれども、実家があるので、まあ親のそばだし、友達からの情報も得られるということでそこにしました。夫が6月に転勤しまして、同じ年の8月に私の乳がんが見つかったんですが、不思議なことに、その2ヶ月ぐらいの間に、数年前に乳がんになった友達に会ったり、新しくできたがんセンターの見学に行ったりと、なぜか私の乳がんの準備のための催しがいろいろ行われましたので、結局そこを選んだっていうことですね。だから、病院を選ぶときにも、その友達からの情報を考えて、選びました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧