インタビュー内容テキスト

手術も分からない段階でやったので、「生検をして調べて、乳がんだと分かったら、乳がんの手術に切り替えましょう」という手術だったんですが。それで、あの、まあ乳がんなので、部分麻酔で意識があるままに手術を受けまして。で、結構、検査結果が出るまでに時間があって、それを待っている間に、まあいろいろ何か先生たちと和やかな雰囲気で話をしていて。で、あの、結果が出まして、「小葉がんです」と言われまして。
あの、小葉がんというのは、日本人だと、10%未満という、すごい少ないがんなんですけれども、その、がんだということが、でも、手術してくださった先生は、私の乳房を触っただけで、「多分、これは小葉がんか硬がんでしょう」とおっしゃったので、ああ、先生のおっしゃったとおりだなあと思いながら手術を受けました。
で、その、乳がんのこの部分を切り取る…ときには何も苦痛はなかったんですけれども、リンパを取るときっていうのは、かなり、痛い、痛いっていうか、苦しくって。ああ、途中で麻酔、やっぱりかけてもらえば良かったなと思いましたけれども、結局は麻酔をかけずにずっと意識があるままで手術をやってもらって。だから、すごい、りンパを取るというのが結構大変なことで、それも何か普通は20個取るんだけれども、そこの病院は20個じゃなくて、4個だけ、あのう、近いほうの4個だけを取るっていう方法で、何か傷が小さくなるようにこうえぐるような感じで取ったらしいので、後のことを考えるとあれなんですけども、麻酔をちゃんとかけずにやったほうとしては、かなり苦しかったかなっていうのはあります。でもまあ、その、4個だけで取ったというのがどういうことなのかよく分からないんですけれども、そのおかげで別に、手は、腕は普通に今でも使えますし、大丈夫ですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言