※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:49歳
インタビュー時:54歳(2009年6月)

甲信越地方在住。2004年8月、左乳がんと診断され、左乳房切除術、リンパ節郭清、術後抗がん剤治療を受けた。10ヶ月ほどして首の付け根のしこりに気づき、受診した折に、疑問を感じ、都会の病院に転院することにした。切除後の左胸にがんがあるため、放射線治療を行い、その後は経過観察している。 診断時、夫と2人暮らし。パートをしていたが、病気がわかって辞めた。

自分の不注意で、乳がんというよりも、がんにかかってしまったということが、やっぱり非常に後悔いたしました。検査(検診)をもうちょっと、もう少し早目に受けていれば、食い止められたのかなとか、そういう後悔は非常にありました。

――それまでっていうのは何か、検査というのは受けてらしたこともあったんですか。全然ない?

全然なかったと申しますか、ま、ちょっとお勤めしてたんですけども、1年に一度の健康診断は簡単なものでしたので、もちろん、マンモとか、乳がんについての検査だとかは、項目に入っておりませんでしたので、そうですね、この病気にかかる前、一度だけ、あの、みんなでと申しますか、お友達5~6人で検査(検診)に行ったのが20年も前のお話で、ああ、そういえば1回だけ行ったなというような記憶しかないので、やっぱりその点が一番悔やまれました。

――参考のためにお伺いしたいんですけど、地域でも自治体みたいなのでも今、乳がん検診ってあるように思うんですが、そういう何かご案内とか何か来たりとか、何かお知らせというのはなかったんですか?

乳がんというよりも、まあ私が見落としているのかもしれませんが、乳がんというよりも、子宮がんの検診車が回りますとか、検診はこの病院でというふうな広告と申しますか、そういうものは目にしておりましたけれど、全く自分では、乳がん(検診がある)ということは頭になかったです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧