※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:49歳
インタビュー時:54歳(2009年6月)

甲信越地方在住。2004年8月、左乳がんと診断され、左乳房切除術、リンパ節郭清、術後抗がん剤治療を受けた。10ヶ月ほどして首の付け根のしこりに気づき、受診した折に、疑問を感じ、都会の病院に転院することにした。切除後の左胸にがんがあるため、放射線治療を行い、その後は経過観察している。 診断時、夫と2人暮らし。パートをしていたが、病気がわかって辞めた。

私の場合は、もうほんとに、次に行った先生を、あの、ほんとに信頼して行っているので、それで納得しているから、安心ですけれども、あの、全然分からなくって、2番目のお医者さんも同じ意見であれば、うーん、どうしたかなと。やっぱり考えると思います。ただ、まあ、ほんとに周りの人がいろいろ教えてくださって、いや、うちもこうだよ、ああだよという話の中では、病院は疑問を持ったら変えるべきだよねという(笑)、最近はそんな話もできるようになりました。でも、本当に、勇気の要ることだと思います。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧