インタビュー内容テキスト

再建は、私自身、第一に希望していました。で、あの、自分の場合は、乳首の、1センチ以内ですかね、2センチ以内ですかね、とにかく微妙なところの、…その乳腺のそのちょっとした、このちっちゃい、ほんとの一点の細胞で、全部取るのはすごく、何か、割り切れないじゃないですけど、やっぱり、女性としまして、あの、細胞のそれいかんで、何か全部、取るっていうのは、すごく勿体ないような気がしまして。そして、ぜひ、ぜひ、再建してくれと。それは、もう手術する前から考えて、いましたし、あの、何とかっていうふうに、何回か、ほんとは、そのときの当時の、先生方っていいましょうか、その担当の先生は、まず、年代で見るんですね、一つは。で、私のそのときの状態は、まず、フリーであること、誰も子どももいない。
あの、子どもは生みましたが、当時私の手元には子どもはいない、旦那はいない、40、ま、結婚して、何かあっても、まあ、ね、その年代で、これは、全部、取ったほうがいいっていう、説明は、ほんとに、再三、3回ほど、私、夜になると2人の担当の先生と、顧問の、実際に手術をね、診ていただいたその先生2人から、もう、再三、取れという感じですが、私は、もう3回とも、断固としてもう、いや.。「考えるように」って何回も言われましたが、私は、もう、決めていました。いや、「再建ということで、お願いします」と。そこは、頑張りました。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言