インタビュー内容テキスト

退院しまして、退院の、えー、1週間経たなかったと思いますが、ボッコンと開いたんですね、傷が、あらっていう間もなくうわっと.。それから膿が出てきたんですね。で、そもそも、入院のときも、ガーゼ交換っていうのは、何回かね、決まっていたんですけど、そのところの傷口が、あの、とにかく開いて、汁、膿、膿みたいな黄色い汁が、出てきたんです。こういうのは、全く聞いていなかったもので、とにかく、電話をしまして、そして、その前にも少し、まあ、手術のあと、休暇してそこから一泊、ホテルで泊まって、そこから病院へ行って…。だから、早かったと思いますね。あの、退院してから、すぐ、1週間か2週間以内だったと記憶しています。
少しずつ、ひどいときは、何時間ごとにガーゼを変えるんですね、1日に、あ、何か、あ、何かどうかなって。だから、常に状態を見ている。それが、きれいに、全く、傷口がつまりふさがったということではないかと思うんですが。あの、汁も、(ガーゼを)変えなくてもいい。つまり、その状態が、まあ、1日何回かしていたものが、少しずつ、「あ、1回でいい」とか、「あ、よくなった」って、まるまるっていうことで、まあ、そのしっかりと、きっちりと(完治したのがいつか)、っていうのは、よくわからないんですけど。とにかく、汁気(しるけ)の(ために)常に、お腹のとこに(貼る)テープとガーゼと、持っていまして。常に、合間に、今は出ているかどうか(を確認する)という、そういう状態を、あの、何年も(経験)した記憶が思い出されます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言