※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:42歳
インタビュー時:56歳(2008年8月)

北陸地方在住。1996年春、左乳がんを診断され、左乳房切除術+腋窩リンパ節郭清、同時に、腹直筋皮弁による左乳房再建術を受けた。術後合併症として、腹部創の離開を起こし、傷が治るのに2年近くかかった。当時は両親と3人暮らし。仕事は自宅で音楽教室講師をしており、術後3ヶ月後に復帰。

先生のお話が、まず、クールで淡々として、「がんですよ」っていう、結局、「良性ではない」ということで、そのときは、クールだったと思います。「ああっ、ああ、そうかな」って。「えっ?」ていう感じで、信じられないっていうのが、そもそも、痛い、痛いっていうのは、がんじゃないよという、周りの感じもありましたし。変な感じは感じていても、直接言われたときは、「えっ?」っていう感じで、で、あと、やっぱり、帰り道ですね。じわじわと、「うあー、ついに、私の人生も終わりか」と、思ったり。そのあとは、ずっと1週間ぐらい、涙が出なくなるっていうくらいに、でも、涙は枯れないんですよね。涙はずっと1週間ぐらい、夜になると出て、そして、まずはやっぱり、絶望感ですね。もう何もかも終わったという。はい、そこから、そういう感じで、なかなか、もちろん眠れないですし、やっぱり、それががんだと思いますね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧