※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー16

インタビュー時:41歳(2015年8月)、疼痛期間:7年、診断名:慢性疼痛障害。

首都圏在住の女性。34歳の時、子宮内膜症の内服治療を中断したころから、左下腹部の痛みが強くなり、生理周期に関係なく左臀部から左下肢の付け根、足の裏に広がった。整形外科や神経内科で様々な検査を受けたが診断がつかなかった。現在、EMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing)*という心理治療を受けていて、飲み薬やブロック注射等でよくならなかった痛みが、徐々に和らいできている。

*EMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)は、心理療法の一つと言われています。

詳しいプロフィールを見る

―― 今、あの、実際に使われているこの治療薬というか、お薬はどんなものを使われて?

えーと、今のところ、そのEMDRというのが薬の治療は全くなくて。

―― あ、内服が全然ないんです?

内服は全くなくて、その、眼球運動っていう、…のみの治療になるんですね。で、その治療に、まあ効果が初めて。それまではどんな薬を飲んでも痛みが軽減されるとか、痛みの質が変わるとかそういったこともほとんどなかったので、そのEMDRに会って、出会って初めて、治ったということではないにしても、その変化があったという意味では初めてぐらいの治療になるので。逆にその心療内科のほうではそれを邪魔しないように、下手な薬を出して、――あの、例えばそのてんかんの薬なんかも一時期出してもらってたり、それが脳に作用する。痛みがその脳から、あの、勝手に指令が出てしまってるっていうこともあるんじゃないかということで、その脳に作用するてんかんの薬なんかっていうのを出していただいたことあるんですけれども。その逆にその脳に作用してる治療をやっているのに、下手に脳に影響がある薬なんかを飲まない方がいいんじゃないかということを、心療内科の先生と相談して。なので、その痛みに関しての治療というのは今EMDRに任せようということで、心療内科のほうでも今はその眠れなくなってしまっ…た、その睡眠のほうの、不眠の治療の薬だけを今、心療内科のほうで出していただいてます。

―― 寝る前に眠れないときに飲むという。

はい。あ、もう眠れないのは常になので。睡眠薬は毎日。もう7年――あ、4、5年、切らしたことないです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11094 (17) { ["term_id"]=> int(89) ["name"]=> string(55) "薬物療法2:さまざまな薬とのつきあい方" ["slug"]=> string(3) "med" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(89) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(22) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(89) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(55) "薬物療法2:さまざまな薬とのつきあい方" ["category_nicename"]=> string(3) "med" ["category_parent"]=> int(22) } }
同じテーマの語りを見る