※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー16

インタビュー時:41歳(2015年8月)、疼痛期間:7年、診断名:慢性疼痛障害。

首都圏在住の女性。34歳の時、子宮内膜症の内服治療を中断したころから、左下腹部の痛みが強くなり、生理周期に関係なく左臀部から左下肢の付け根、足の裏に広がった。整形外科や神経内科で様々な検査を受けたが診断がつかなかった。現在、EMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing)*という心理治療を受けていて、飲み薬やブロック注射等でよくならなかった痛みが、徐々に和らいできている。

*EMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)は、心理療法の一つと言われています。

詳しいプロフィールを見る

いや、私は…、何で自分だったんだろうって、ずっと考えてて。何で病気――まあ病気と言えるかわからないですけど、まあ例えば診断名が付くならその疼痛という病気だったとして、何でその病気は私を選んだんだろうということはもう常日ごろ考えていて。もう自分じゃなきゃいけなかった理由って何だろうって、それを今も正直考えているんですけど。……うん、……そうですね。

だから、逆に、今回こういうこと(インタビューで語ること)をできるというのを新聞記事で見かけて、自分と同じような人に…、何かもうちょっとでも力になれることがあるのであれば、で、自分が話すことで、な、何かしらの力になるのであれば、それができればそこで初めて自分が、自分が病気に選ばれてしまった意味というのはそこにあるかなっていうふうに思います。

…でも、そういうふうに無理やり思おうとしているのかもしれなくて、まあ正直言えば、何でだろう、何で自分だったんだろう…って思いますね。最初に痛みが起こってから、もう7、8年ぐらいなんですけど、正直、女性としては一番いい時期。30代の初めとかって一番いい時期だと思うんですけど。その時期を、やりたいこともできず、行きたいところにも行けず、まあそれで結婚前は――結婚前はというか、結婚してからかな。あの、好きな人と別れなくちゃいけなくなった理由にもなったりしたので。まあ正直、女性が一番いろんなことを謳歌(おうか)できる時期を、病気で過ごさなきゃいけなかった理由って何だろうっていうのは今でも思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11093 (17) { ["term_id"]=> int(27) ["name"]=> string(51) "「痛みの慢性化」をどう受け止めるか" ["slug"]=> string(13) "mansei-mukiau" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(27) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(25) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(27) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(51) "「痛みの慢性化」をどう受け止めるか" ["category_nicename"]=> string(13) "mansei-mukiau" ["category_parent"]=> int(25) } }
同じテーマの語りを見る