※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー15

インタビュー時:75歳(2015年7月),疼痛期間:6年 診断名:視床痛 腰痛
関東地方在住の女性。2009年、脳出血発症。右半身に麻痺が残ったが、杖を使って歩けるまでに回復した。退院後、右半身の痛みが出現し、視床痛(*)と診断された。以前より薬に抵抗感があり、鎮痛薬はなるべく使用せず、仕事や楽しみをみつけ、気を紛らせながら4年間すごした。2013年、交通事故と2度の転倒により左手、第1腰椎、左大腿骨を骨折し、8か月入院した。退院後は訪問リハビリテーションのサービスを利用しながら生活している。

*脳の中の視床と呼ばれる部位の血管障害で発生する半身の痛み

詳しいプロフィールを見る

あんまり期待はしてないですけどね。ただ、ちょっと傷ついたというか、あのときはある人に。その人の母親は脳梗塞だった。それで本当かうそか知らないけど、視床痛だって。そうかな。わかってるのかなと。で、そのお母さん、割と楽天家。で、あの、「そういう痛みはね」って、「神経の気持ちの持ち方で変わるのよね」とかね、言われたときには、うーん、ちょっと悲しかったですね。ちょっと傷つきますね、そういうふうに言われるとね。うーん、私の持ち方が悪いのかと思っちゃったりしてね。とか、あの、そういうのは、あの、あれだよねって。何て言ったかな。なんかこう…、「みんなね、我慢してる」と、「頑張ってる」と、「言わないで」。まあその人はそういう考えなんでしょうね。だから、もうその人には二度と言うまいと思って。うん。「もう痛いって言ったからって、痛みが消えるわけじゃんだから」、まあそれは強いですよね。うん。でも、そういう人にはあんまり言わないようにしようと。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11093 (17) { ["term_id"]=> int(97) ["name"]=> string(30) "周囲の人とのかかわり" ["slug"]=> string(6) "mawari" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(97) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(97) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "周囲の人とのかかわり" ["category_nicename"]=> string(6) "mawari" ["category_parent"]=> int(24) } }
同じテーマの語りを見る