※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー15

インタビュー時:75歳(2015年7月),疼痛期間:6年 診断名:視床痛 腰痛
関東地方在住の女性。2009年、脳出血発症。右半身に麻痺が残ったが、杖を使って歩けるまでに回復した。退院後、右半身の痛みが出現し、視床痛(*)と診断された。以前より薬に抵抗感があり、鎮痛薬はなるべく使用せず、仕事や楽しみをみつけ、気を紛らせながら4年間すごした。2013年、交通事故と2度の転倒により左手、第1腰椎、左大腿骨を骨折し、8か月入院した。退院後は訪問リハビリテーションのサービスを利用しながら生活している。

*脳の中の視床と呼ばれる部位の血管障害で発生する半身の痛み

詳しいプロフィールを見る

この痛みをね、どんな痛みかってよく人に聞かれるんですけど…、何ていったらいいのかな。私は、例えばドライアイスありますよね。あれを当てられた痛みっていうのを想像できます? なんか熱いような、冷たいような。そんなこう、わーっと内からそれがこう湧き出てくるような痛みなんです。で、そこへ痺れが加わる。だから、それがもう四六時中どっか、もうここが痛くないときは、足が痛いし、両方痛いときもあるし、それにもう耐えるのになんか疲れちゃって。うん。もう6年間です。6年近くですから。で、そのケガをした事故に遭った後から、もっとひどくなっちゃって。もう何ていうんだろう。時々、ね、子どもも誰もいなかったら、早く死んじゃったほうが楽になるなとか思うときもあるんですけど。やっぱりね、残された者のことを考えたらね、それもできないな、なんて思って。まあ、泣きたいのを堪えてというか、泣きたいけど、泣いてもね、治るわけじゃないから泣いてもしようがないかと思いながら暮らしてますけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12188 (17) { ["term_id"]=> int(27) ["name"]=> string(51) "「痛みの慢性化」をどう受け止めるか" ["slug"]=> string(13) "mansei-mukiau" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(27) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(25) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(27) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(51) "「痛みの慢性化」をどう受け止めるか" ["category_nicename"]=> string(13) "mansei-mukiau" ["category_parent"]=> int(25) } }
同じテーマの語りを見る