※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

家族インタビュー03

インタビュー時:46歳(2015年8月)
関係:慢性の痛みを持つ76歳女性(本人インタビューなし)の娘
関東地方在住。大学講師。母親が2004年から外陰部に膀胱炎のような痛みを訴えるようになった。徐々に痛みが強くなり、日常生活に支障が出る状況になった。泌尿器科を受診しても原因が分からず、間質性膀胱炎の疑いで先端治療も試したが全く効果がなかった。2010年、精神科の薬剤を内服してから、昼間も寝てしまうような生活が続いたため、薬剤が強すぎると医師に伝え、2011年より薬剤を中止。その後、痛みの訴えはなくなったが、認知症を発症していることが分かった。

詳しいプロフィールを見る

母が、えーと、(外陰部の)痛みを感じ始めたのが、2004年ぐらいだということを聞いています。で、あの、最初のうちは、もちろんそんなに痛みが、ひどいというわけではなくて、あの、こう、トイレに行くときにちょっとこう、痛みを感じたりとか、だんだん、こうちょっと痛いなということから始まったようなんです。で、まあそれが、良くなるかと思っていたら、全然良くならなくて、今度あの、トイレの痛みだけではなくて、こう歩くのも痛くなってきたということを、言い始めました。

それで、えーと、そうですね、私は当時は、アメリカと日本を行き来しておりまして、こう毎年大体5月から8月の間に日本にいることが多かったのですが、2007年の5月ごろですね、まあ実家に戻ってまいりましたところ、台所を見ましたら、イスが置いてありまして、私はそれを見て、非常に、「ああ、いよいよ痛みがひどくなったんだな」ということを感じました。

つまり、立っていられないぐらいに痛みがひどくなってしまいまして、台所の作業をするときに、まあずっと立っているのがつらいものですから、こうイスに座って極力、まああの、野菜を切ったりするときなどもイスに座って、こう痛みを感じないようにしていたのだと思います。えーと、ですので、まあ大体、まあ2004年ぐらいから痛みが始まったのですが、徐々にこう痛みがひどくなってまいりましたので、外出も厳しい状況になってきました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#10886 (17) { ["term_id"]=> int(69) ["name"]=> string(33) "痛みの訴えを受け止める" ["slug"]=> string(13) "kazoku-kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(69) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(26) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(69) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "痛みの訴えを受け止める" ["category_nicename"]=> string(13) "kazoku-kazoku" ["category_parent"]=> int(26) } }
同じテーマの語りを見る