※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

家族インタビュー03

インタビュー時:46歳(2015年8月)
関係:慢性の痛みを持つ76歳女性(本人インタビューなし)の娘
関東地方在住。大学講師。母親が2004年から外陰部に膀胱炎のような痛みを訴えるようになった。徐々に痛みが強くなり、日常生活に支障が出る状況になった。泌尿器科を受診しても原因が分からず、間質性膀胱炎の疑いで先端治療も試したが全く効果がなかった。2010年、精神科の薬剤を内服してから、昼間も寝てしまうような生活が続いたため、薬剤が強すぎると医師に伝え、2011年より薬剤を中止。その後、痛みの訴えはなくなったが、認知症を発症していることが分かった。

詳しいプロフィールを見る

ただ、そのときにですね、もう母は、薬に非常に頼るようになっておりまして、痛みはないんだけれど、もう睡眠薬がないともう寝られないということになっておりました。で、私は母に「もう飲まなくてもいいんじゃない?」って言ったんですけれど、もう、事実かどうかわかりませんが、もう飲まないじゃいられない状況ですね。で、えーと、もちろん、だから親戚の家でももう、「飲む、飲む」と言って、あの、飲むようになりました。

で、あの、要は処方された量よりも多くの飲むようになりました。で、あの、近所のですね、内科でもお薬を処方していただいたようなんですけれど、あの、医師に、まあそのときにもう随分怒られたようなんです。で、「こんなにね、もう必要以上に飲んではだめでしょ」と、まあ正直「怒られた」というふうに言っておりました、母。で、怒られようが何しようが、もう薬を飲まないと眠れないのでね、もうあの、怒られ…、怒られ慣れていたようなんです、母は。というわけですので、それを、薬を飲み続けて、で、親戚の家にも、薬を持って、行った――行くことがございました。

で、1つあの、良いことがございまして、…(人から)「私もね、寝られないことあるんだけど、私は全然薬飲んでなくて、ちょっとワインなんか飲んでね、寝られないとき寝るようにしてるよ」っていうことを聞いて、母もそれを聞いて非常にこう刺激を受けたようで、「あ、そうか、薬飲まなくても大丈夫かな」と、母もようやく少し思ってくれるようで。で、あと母に私が意図的に随分歩かせましたのでね、これは、母、随分疲れているに違いないと思ったんですね。だから、母に「ちょっと疲れてるから薬飲まなくても大丈夫じゃないの?」と言って、こう無理やり薬を取り上げるようにして、母を寝かしつけたところ、母は寝られたって言ってたんですね。で、私、非常にうれしく思って、「ほら、薬飲まなくたって寝られるじゃない」と。…そのときから、あの、睡眠薬を飲まなくても寝られることにはなりまして。で、まあ痛みもだいぶ取れてきまして、で、まあその時点では、まあ非常に良かったなと、そういうふうに、思いを強くしました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#10886 (17) { ["term_id"]=> int(75) ["name"]=> string(30) "日々の暮らしを支える" ["slug"]=> string(7) "sasaeru" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(75) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(26) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(75) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "日々の暮らしを支える" ["category_nicename"]=> string(7) "sasaeru" ["category_parent"]=> int(26) } }
同じテーマの語りを見る