※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

家族インタビュー03

インタビュー時:46歳(2015年8月)
関係:慢性の痛みを持つ76歳女性(本人インタビューなし)の娘
関東地方在住。大学講師。母親が2004年から外陰部に膀胱炎のような痛みを訴えるようになった。徐々に痛みが強くなり、日常生活に支障が出る状況になった。泌尿器科を受診しても原因が分からず、間質性膀胱炎の疑いで先端治療も試したが全く効果がなかった。2010年、精神科の薬剤を内服してから、昼間も寝てしまうような生活が続いたため、薬剤が強すぎると医師に伝え、2011年より薬剤を中止。その後、痛みの訴えはなくなったが、認知症を発症していることが分かった。

詳しいプロフィールを見る

あの、家族はもちろん心配したわけですので、実は妹はですね、あの、一度銀座のほうの祈祷師に母を連れていったことがございます。それはどういうことかといいますとね、あの、痛みというのは、精神的な適応はあるだろうということですので、まああの、妹がですね、知り合いの方が銀座の、あるハンドパワーと言っていたと思うんですね、その銀座のハンドパワーの方で、あの、とても癒やされたと。そういう方がいるので、試したらどうかと母に勧めたそうです。で、母は、わらをもすがる思いで、やはりその銀座のお店にも、えー、聞いた話ですと、まあ3、4回通ったそうなんですが、まあもちろん、あの、効き目がもちろんないと。 ちょっと私、そのときはさすがにショックを受けまして、あの、私がいたらですね、きっと止めたと思うんですが。まああの、妹はあまりそういう、まあもちろん医学の知識、まあ私もそうですけれど、知識がなくて、こうちょっとうわさベースですよね。こう口コミ的なものを信じてしまって、で、母もあまりにも痛みがひどいものですから、こう、あまりこう、ちょっとそれはどうかなと思われるようなことまでも手を出してしまったと。そんな形だと思います。 で、母が、そのとき非常に記憶に残っているのが、あの、正直、全然そのハンドパワーで全く効き目がなかったので、もう効き目がないので、えーと、「今回で、あの、もう効き目がないので、今回でもう失礼させていただきます」と、あの、伝えたそうなんですね、その方に。そうしたら、「ああ、そうですか」って、笑顔で、一言で終わったそうなんです。で、母はその対応が非常にショックで、あの、初めからもう母は期待していなかったのですが、「あ、そうですか」っていう、そのね、あっさりとした対応も余計、母の心に響いたそうなんですね。で、正直言ってもう、いわゆるだましではなかったのか。つまり、あの、何でしょう。効き目がない、あの、患者が効き目がなくてやめるということに対し、こう、罪の意識もあまり持っていなかったように、あの、見受けられたそうなんです。で、それが、やはり、母にとっては、1つの、まあつらい体験であったようです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11090 (17) { ["term_id"]=> int(98) ["name"]=> string(27) "代替療法・民間療法" ["slug"]=> string(6) "daitai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(98) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(22) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "6" ["cat_ID"]=> int(98) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "代替療法・民間療法" ["category_nicename"]=> string(6) "daitai" ["category_parent"]=> int(22) } }
同じテーマの語りを見る