※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:45歳(2015年8月)
疼痛期間:5年
診断名:線維筋痛症

関西在住の男性。30歳ごろから右手の皮膚炎を繰り返し、皮膚科で治療を受けるも、40歳ごろには肘まで腫れて痛むようになった。その後皮膚炎は治まったが、全身の痛みを感じるようになった。複数の医療機関で様々な検査を受け、2013年に線維筋痛症と診断され、気持ちが楽になった。20年間勤めた職場ではなかなか痛みを理解してもらえず、1年間の休職期間を経て退職し、現在は食品販売の自営業で独立。

最初はね、あの、皮膚、今もちょっと荒れてるんですけど、あの、皮膚炎が発端みたいな感じで、あの、まあ右手の皮膚がおかしくなってきて、最初はその、まあ薬を塗ったりとか、専門の皮膚科にまで行ってなかったんで、そこで、あの、自分でその保湿剤を塗ったりとかで、まあ、ごまかすみたいな感じでやってたんで、なかなか治りにくくて、で、おかしいなと思ってたんですけど、まだちゃんとした皮膚科に行く前にひどくなった。で、あの…、まあそれでも長いこと放ったらかしてたんです。で、その、皮膚科に行ったときに診断してもらったときに、その、「真皮のほうまでその雑菌が入ってきて、感染症、出てるよ」って言われたんです。そのときにもう右手が痺れるぐらい痛くて。まあ、そこが発端みたいな感じになってたんですけど。 皮膚炎が治っても、その右手の痛みとか痺れが全然消えないような状態で、で、ほかのところもだんだん痛くなってきて、おかしいなっていうことになって、その、まず近くの病院に行って診てもらった。肩の関節であったりとか首とかが痛くなってきたんで、あの、まあ診断、まあ診てもらったんですけど。そのレントゲン撮ったりとかいろいろ調べても特に異常がないから、「まあ、わかんないね」とか、湿布薬貼ったりとかそれぐらいだったんですよ。 で、それでも薬飲んでも、まあその痛み止めとかいう感じだったんで全然効果なくて。で、おかしいなと思ってて、また別の病院に行って、関節とか神経の、えー、検査とかもしてもらったんですけど、それでも、まあ、特にその異常というような数字も出なくて。あの、まあ僕自身は、同じような痛み止めの薬、出るだけだったんで、それで、まあ何カ月間は過ごしてたんです。 で、まあねその痛みも日によって、まあひどかったりとかいう、程度が結構、波があったんで、まあこらええきれないようなときもあったんです。で、まあちょっとほかの病院とかもないかなと思って、次また別の病院に行ったんですけど。そこでも、まあ同じような検査をして、「特に異常がないから、まあ気の持ちようだよ」みたいなことも言われたんですけど、やっぱりその痛みに耐えれなくて、あの、ひどいときにはその、寝てても寝返り、こう痛くて、こう目が覚めたりとか、逆に全然痛くてもう寝つけなかったりとか、ずっと困ってたんで。 それで、また別の病院に行ったときに、その、線維筋痛症という、その、あの、今からですね、12年とかそれぐらいだったんで、まだ線維筋痛症という症状とか、その、全然認知されてないような状態で。ただ、そういう病気ではないんですが、症状の人がいるんで、それを専門にされているところが何カ所かあるからちょっと行ってみたらという感じで紹介されて行った病院で、一応診断を受けて、線維筋痛症ですっていうことは、あの、まあ診断書が出たっていうことで、まあ僕的には、その、わかったんで、気持ち的には落ち着いたっていう感じなんです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧