※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー17

インタビュー時:45歳(2015年8月)、疼痛期間:5年、診断名:線維筋痛症

関西在住の男性。30歳ごろから右手の皮膚炎を繰り返し、皮膚科で治療を受けるも、40歳ごろには肘まで腫れて痛むようになった。その後皮膚炎は治まったが、全身の痛みを感じるようになった。複数の医療機関で様々な検査を受け、2013年に線維筋痛症と診断され、気持ちが楽になった。20年間勤めた職場ではなかなか痛みを理解してもらえず、1年間の休職期間を経て退職し、現在は食品販売の自営業で独立。

詳しいプロフィールを見る

―― そんな食べたりすることに関しては何か影響はありますか。

あの、温かいものを、あんまり熱いものを食べなくなりました。
はい。まあちょっとこういう自分のね、仕事で食べものを作ってますんで、食材とか作ったものの余りとかが、あの、たくさんあるっていったらあれなんですけど、まあ目の前にはあるんで、それで食事を済ませてるっていう感じですね。どうでも食べたいものがあれば、あの、出かけた先で食べるとかっていう感じです。

あの、例えば水がおいしいとか(笑)、それぐらいですかね。野菜がおいしいとか。あの、その、熱いものを、ちょっと温度のあるものを食べなくなったんで、生野菜とかトマトとかキュウリとか今まで結構あんまり好きじゃなかったんですけど、すごくこの(笑)数年間、好きになっちゃって。生野菜がおいしいですね。本当にそれだけで調理も何もしない。まあ、たまに塩をふったりするぐらいなんですけど。食べものの、まあ質が変わった。変わってますね、食べるものが。

―― 味覚も結構あれですかね、敏感になって。

なってると思います。
においとかはやっぱり変わってますね。タバコのにおいとか、ちょっと苦手で。あの、タバコもそうなんですけど、あの、ああいう系統の化学物質系のにおいって嗅ぐと頭痛くなっちゃうんです。そのやっぱり頭が痛いっていうのがいったん痛くなると、ずっとその何時間も続くんで。むしろ、いい匂いはやっぱりすごく、こう、幸せに感じたりとか、花の匂いとか、おかしいかもしれないんですけど。……過敏になっているところがだめなところもあるんですけど、まあ逆に今までに感じないように強く感じるんで。……何ですかね、…いいのか悪いのか、わからないんですけど。両極端なんですけどね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12188 (17) { ["term_id"]=> int(45) ["name"]=> string(78) "日常生活への影響と対処:食事、睡眠・休息、身だしなみ" ["slug"]=> string(8) "seikatsu" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(45) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(23) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(45) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(78) "日常生活への影響と対処:食事、睡眠・休息、身だしなみ" ["category_nicename"]=> string(8) "seikatsu" ["category_parent"]=> int(23) } }
同じテーマの語りを見る