※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー08

インタビュー時:36歳(2015年3月) 疼痛期間:6年 診断名:慢性難治性疼痛

東海地方在住の女性。2度の交通事故後(2009年、2012年)、腰痛や首の痛みが慢性化した。事故後の保険会社の対応に非常に傷ついた体験がある。2014年8月よりモルヒネを開始し、現在、ある程度、痛みはコントロールできている。さらに2009年に乳がんと診断され、現在ホルモン療法を継続中である。痛みと乳がんを抱えながらも新たな趣味に挑戦するなど自分なりに対処し痛みに支配されないようにしている。

詳しいプロフィールを見る

そう、正直、最初のころは、まあだんだん年数がたてば、まあ体が慣れてきたり、こう、痛みがなくなっていくと思っていたんですけど、意外とそうではなく、まあほかの要因もいろいろ加わっているからかもしれないんですけど、逆になんか痛み止めがどんどん強いほうに進んでいって。で、痛みを感じるのも、うーん…、なんか頻度が多くなってきて、こう…、その、逆に希望がなくなってきたというか、一生この痛みとつき合うんじゃないかっていう不安が出てきたり。

今の段階だと、やっぱり必ず毎日1回ぐらいは頓服で痛み止めを追加しなきゃいけないので。うん、その事故とかに遭う前は痛みっていうのはもうほとんど感じる――どこかぶつけて痛いとか、そういう原因がわかっての痛みぐらいしかなかったので、正直本当に一日でもいいから痛みがなく、痛みに気持ちをその、捕らわれなくていい日が欲しいっていうのが本当に正直な気持ちです。……でも、そうは言っても、うん…、なかなかそういう日が来ないのも、もう何年もたってわかっているので、まあその痛みに支配されずに、うん、ほかのことで集中して、あ、気づいたら…、ふと気づいたらなんか痛いけど、やってこれたなってなればいいかなとは思っています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12188 (17) { ["term_id"]=> int(27) ["name"]=> string(51) "「痛みの慢性化」をどう受け止めるか" ["slug"]=> string(13) "mansei-mukiau" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(27) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(25) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(27) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(51) "「痛みの慢性化」をどう受け止めるか" ["category_nicename"]=> string(13) "mansei-mukiau" ["category_parent"]=> int(25) } }
同じテーマの語りを見る