※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー07

インタビュー時:65歳(2014年12月)疼痛期間:23年 診断名:腰椎椎間板ヘルニア(術後腰椎癒着性クモ膜炎)および右下肢末梢神経症。

北海道在住の女性。椎間板ヘルニアの手術後3年目に突然両足に激痛が出て歩けなくなった。各種のブロック治療を受けたが効果がなく、14年前から医師と相談・調整しながら塩酸モルヒネを使い始め、5~6年ぐらい前より日常生活を何とか送れる状態を維持している。患者会では痛みを仲間と分かち合うことができ、上手に時間を使って楽しむことを学ぶことができた。

詳しいプロフィールを見る

だから、うんと、腰の悪い私、痛みがある私、この私は私、私のこの中に全部引っくるめて私なんだっていうことなんだと思う。…わかりづらいかな(笑)。

―― そんなふうに思えるようになったのは、いつぐらいからで、それは何でそういう考えに至ったのかなっていうのは。

……うん、うん。だから、例えば、うんと、大食いの私もいるよね。うーん。スポーツの好きな私も。それは私という、こういう私なわけでしょ。それと同じように、うん、痛みのある私。…で、具合の悪い私。これも私。で、それを抱えた上で、私、今の私があるっていうことだから。

そう思うようになったのは……、最初は、恨み、つらみ節だったからね。やっぱり2、3年…、2年くらい、1、2年は、ウウン、泣いてたかな、布団かぶって。そこからだ。泣いててもしようがないんだよな、前に進まなきゃいけないんだよなって思えるようになって、受け入れて……。これが私なんだから、これでこれが私の普通の日常生活なんだからって思えて……だと思います(笑)。……だって、できる範囲は確かに、うんと、ちょっと欠けるけれども、その欠け、欠けても、そのできるところで目いっぱい楽しんでやっていけばいいのかなって。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12188 (17) { ["term_id"]=> int(27) ["name"]=> string(51) "「痛みの慢性化」をどう受け止めるか" ["slug"]=> string(13) "mansei-mukiau" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(27) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(25) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(27) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(51) "「痛みの慢性化」をどう受け止めるか" ["category_nicename"]=> string(13) "mansei-mukiau" ["category_parent"]=> int(25) } }
同じテーマの語りを見る