※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー23

インタビュー時:72歳(2016年4月)、疼痛期間:3年半、診断名:開胸術後疼痛症候群
首都圏在住の女性。娘と息子は自立しており、1人暮らし。2012年秋、心臓弁膜症で開胸手術を受けたが、術後,縦隔洞炎を合併した。再開胸し,膿を出し、一週間後に傷を閉じた。以後、胸に鉛が入ったような硬くて重たい痛みが続いている。2年たって知人の紹介でペインクリニック科を受診し内服薬や神経ブロック、レーザー療法を試したが、効果なかった。今も痛みが続いているが,痛みに対する治療はせず,睡眠薬だけもらっている。生活を工夫し積極的に気分転換しながら日々を過ごしている。※急性縦隔洞炎:縦隔(じゅうかく)とは、胸部の左右肺と胸椎、胸骨に囲まれた部分を指します。急性縦隔洞炎は心臓や大血管などの手術後の合併症の一つです。

詳しいプロフィールを見る

―― 患者会とかですね、あの、まあ痛みっていうところでいろいろ情報交換しているようなところに、あの、連絡してみたりとかって、そういうことはなかったですか。

そういうことはないですし、あの、率直に言って、私、行くのが面倒くさいんですね。お医者さんだって面倒くさいし。それからやっぱり痛い胸を抱えて、あの、外出するというのが、結構しんどいんですね。私は、1つの趣味の会みたいのがあって、そこはもう行き慣れてるところだし、自分の行ける交通範囲、交通量の範囲のところで行っていますから、そこは必ず行くけれど、そのほかに、行くところは増やしたくないし。あんまりそういう、例えばアルコール依存症の会とか、そういうのも聞いてても、自分がなったとしても、多分行かないと思うんです。ちょっとそういうところに、友達が、旦那さんがアルコールの依存症で行ってて、そういう会があるってことも知ってるんですけれど、私は、ちょっとそういう会は、苦手なんですよね。それとこういう痛い思いしてね、電車に乗ったりなんかして、ほかのところへ行くっていうのは、もう今あったとしても行かないですね。

でも、痛くても外出予定があるときは、私は必ず行くっていう。やるとなったら必ず行くっていうのが(笑)昔からあるから、リポビタンなんか、ドリンクみたいのを1本飲んで、ちょっと気持ちが明るくというか、軽くなったときにもう今のうちに出ちゃおうとかやって、対処しているんですけどね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12188 (17) { ["term_id"]=> int(54) ["name"]=> string(69) "身体活動への影響と対処:動作・外出・家事・運動" ["slug"]=> string(8) "katsudou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(54) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(23) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(54) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(69) "身体活動への影響と対処:動作・外出・家事・運動" ["category_nicename"]=> string(8) "katsudou" ["category_parent"]=> int(23) } }
同じテーマの語りを見る