※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー22

インタビュー時:62歳(2016年3月)、疼痛期間:4年以上、診断名:脊椎関節炎(反応性関節炎)。

関東地方在住。男性。2012年に、腰・背中・首回りが硬くなり、違和感をもった。翌月にはアキレス腱と膝が腫れ、整形外科を受診したが、問題はないと診断された。2013年6月に、脊椎関節炎(反応性関節炎)と診断された。定期的に通院して痛み止めの薬を服用し、並行して東洋医学の療法も行っている。妻と2人暮らしで、現在は仕事を引退している。

詳しいプロフィールを見る

やっぱりその掃除したり、特に風呂掃除はこう屈まなきゃいけないんで痛いですけども、自分じゃ、もうリハビリ、リハビリって言い聞かせながらやっているんですね。痛いけども、まあ前に屈むということが今ほとんどできないので、風呂洗うときはもうしようがないですね。痛いけども、洗います。30分ぐらい痛くてちょっとそこで休んでいますけども、リハビリだなと思っています。お医者さまからも別に、「痛いからって、ずっと、ほら、屈まないでいると全然、前に、か、屈めなくなっちゃうよ」って言われているんで、まあ風呂掃除はもうやらざるを得ないですから、痛いけども、我慢してます。ただ、やっぱり掃除の後は、ちょっと非常に痛みは厳しいです。でも、30分ぐらいで治るから、まあいい。

掃除は別に全然問題ないです。炊事も問題ないですけども、炊事のとき首がちょっと傾いちゃって、上のものがちょっと取りづらいというのはあるんですけど、それもまあ…、慣れですよね。全部慣れちゃいました、最近。3年ぐらい、ずっと痛いですから。炊事、洗濯…、料理については別に。今日は痛くて、ちょっと無理だっていうことは、退院した直後はあったんですけど、ここ、ここ1年は全くないですね。退院した直後はちょっと、妻にメールして、「ちょっともう今日は無理だから、何か買ってきて」とかって言ったことありますけど、ここ1年間はほとんどなく、炊事、家事関係は全般的にできています。<7秒>まあそれが逆に生きがいになっています。やることによって。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(54) ["name"]=> string(69) "身体活動への影響と対処:動作・外出・家事・運動" ["slug"]=> string(8) "katsudou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(54) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(23) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(54) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(69) "身体活動への影響と対処:動作・外出・家事・運動" ["category_nicename"]=> string(8) "katsudou" ["category_parent"]=> int(23) } }
同じテーマの語りを見る