※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー04

インタビュー時年齢:63歳(2013年2月9日)・女性
気管支喘息(ぜんそく)の治療薬の治験(第3相・プラセボ対照試験)に参加。
首都圏在住。もともと気管支喘息を患っていたが、別の疾患の手術をする際にそれまでの喘息治療をやめたところ症状が悪化し、吸入薬で改善した。その後主治医から別の吸入薬の治験があるがどうかと誘われたので、参加することにした。2002年10月から1年ほど参加したが、隅から隅まで診てもらえているという安心感があり、CRCとも信頼関係を築くことができてよかったと思う。

詳しいプロフィールを見る

参加される前…あ、参加する前というのは、あまり、そういう…治験というのはどういうものかっていう知識がなかったもんですから、ああ、ちょっとした、そのね、試しに(薬を)飲む…飲んだり、そういうことしたりすることなのかなと思っていたんですが…参加してからは、あ、これだけね、長いことかけて、これだけ詳しく、これだけ慎重にやるっていうことを知りましてね、ああ、これはすごいなって。今はもう、とにかく…大変なことなんだなっていうふうに思いますね。治験っていうのは、これがあるから新しいお薬とかね、新しいことにつながっていくんだし、ただ、それだけじゃなくて、数年かけて、そして最終的に製品になっていくっていうことで、これだけ本当に準備に準備を重ねてっていう、そういう知識が得られましたね。治験ってすごいなって。本当に、あのー、思いました。新聞広告なんかでね、あの、最近、治験いかがですかっていうのが目に飛び込んでくるんですが、ああ、最近になって、だんだんね、治験っていうのを募るようになってきたんだなっていうふうに思いますけどね。私自身もね、あの、そういうふうに誘われなければ知らなかったんですが、やってみれば、こんなに、あのー、期間長く、そして、きちんとね、事細かにやっていくものなんだっていう、そういうものが、あの、得られましたね、ええ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11089 (17) { ["term_id"]=> int(39) ["name"]=> string(27) "イメージとその変化" ["slug"]=> string(5) "image" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(39) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(6) ["count"]=> int(11) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(39) ["category_count"]=> int(11) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "イメージとその変化" ["category_nicename"]=> string(5) "image" ["category_parent"]=> int(6) } }
同じテーマの語りを見る