インタビュー内容テキスト

―― やはり、こう、医学の発展に貢献した、みたいな…。

そう、もう、なんか、すごく、そうなんです。

―― 参加したっていう実感が…。

ええ、治験をしたっていうことだけでね、なんか、なんかちょっと少し役立てているのかなっていう、そういった気持ちはありますよね。まして自分の、あのー、試した吸入がね、製品化されたと聞いた時は、なんかすごく嬉しかったといいますかね、ええ。だから、まあ、そこで、もうダミーだったとしてもね、でも参加したことには変わりないですから、それはそれで私自身のデータがね、何かの役に立っていればって思うだけでね。それは同じ病気してる…人に、こういういいお薬があるんだからやりましょうねっていうふうに言うのと同じかなって思いますね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言