※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー36

インタビュー時年齢:58歳(2015年4月)
過活動膀胱の治療薬の治験(第何相かは不明・プラセボ対照試験)に2回参加。
中国地方在住。2004~5年ごろ、1度目は、過活動膀胱で通院していたときに新聞広告を見て電話で問い合わせた。指定の病院で治験コーディネーターが大変詳しく説明してくれたのでその場で同意した(【1】)。2度目は、院内掲示を見て参加した(【2】)。そのとき1度目の治験の薬が承認されたと聞き、とても嬉しく思った。

詳しいプロフィールを見る

―― 2回目の治験をするときに、そのー、前に参加してくれたやつ(1回目の治験)、薬になったんですよとかっていうのは誰から(聞いたの)ですか?

コーディネーターの方が。あの、だから、次、違うコーディネーターが前の方にあれして、私、前もこれ、これの(治験に参加)したんですと言ったら、あ、その分は薬になりましたよみたいなことを言われたから、あ、そうなのかなと思って。はい。

―― それ、聞いたときに、どんな感じですか。

そりゃ、すごい、何か私も一端を担ったのかなと。変なとこ、すごい喜びを感じましたよ、すごく。

―― なるほど。ま、でも、実際にそれで参加されたわけですね。

全国で私一人じゃなく、何百人の人が治験に参加してるんでしょ。だから、私一人で薬になったような気分に自分もなりました。

―― じゃあ、どちらかというと、ちょっとうれしかったというか。

私はそれはうれしかったですね、はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12192 (17) { ["term_id"]=> int(8) ["name"]=> string(18) "終了後の感想" ["slug"]=> string(5) "kanso" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(8) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(6) ["count"]=> int(7) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(8) ["category_count"]=> int(7) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(18) "終了後の感想" ["category_nicename"]=> string(5) "kanso" ["category_parent"]=> int(6) } }
同じテーマの語りを見る