インタビュー内容テキスト

―― しばらく病院に行かなかった時期が4年くらいあるという、で、その間、ま、宗教とかに頼った時があったということなんですけども、あのー、どういう宗教だったんですか。

えーとですね、…まあ、やっぱり病気だと、うーんと、親戚とか知り合いの方からとか色んな宗教の声かけられると思うんですけど、ちょっと、うーんと、入った宗教に関しては、うちの母の知り合いの人が入ってた、〇〇の方にえー、入って、で、一時期やっぱり通ったりもしてましたね。。はい。あとはキリスト関係の人も来たりとかもしたんですけど、なんかうちの母はそこに関してはそこまでではなかったみたいですけど、まあ、〇〇の方に関しては何か、…話を聞いてそんで、ちょっとやっぱり、信じたところがあってそれでやってましたね。はい。

―― その当時は20…1歳を過ぎて、ま、成人されてたわけですね。

入ったのはですねもう中学…自分が中学の頃に入ったんで、やっぱり、ずーと小さい時から、えー、病弱だったので母も色んな漢方薬だったりとか、後は拝みやさんだったりとか、後は何か自然療法みたいなものとか、そういった色々他の人から聞いて、いいと思うものは色々と試したもので、なので宗教に関しては中学校2年か3年の時ですね、一緒に話を聞きに行ったのっていうのが始まりですね。はい。

―― それで、そのまたどうしても具合が悪くなって、2回目入院した時(24歳のころ)くらいから、いわゆる標準治療っていうんですか、そういったことをやっていこうというふうに変わってこられたと思うんですけど、それはどういう、何かがきっかけだったんですか。

そうですね、うーんと、一つは先生の方から、うーんと、治療を受けるんだったらしっかり治療をするようにというように話があったのと、後は自分の中でもうーん・・・その頃かその後かわからないんですけども、宗教に関する考え方が変わったんですね。要するにそれはうーんと、ラジオでその芝居をやってる人(パーソナリティ)の、えー・・何ていう・・考えっていうかそういうものに共感したとこもあって、宗教のプラス面マイナス面を知ったというのがあったので。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言