※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー31

診断時:24歳
インタビュー時:28歳(2018年9月)
関東地方在住の女性。夫と二人暮らし。就職して3年目に高熱が1週間くらい続き近くの総合病院に入院したが、その時は主に皮膚症状だったのでベーチェット病と診断された。しかし、その後内視鏡検査をしたらクローン病だと判明した。その時の仕事は立ち仕事だったのと通勤に片道1時間半かかることもあり、そこは退職して現在は「ねこカフェ」をやっている。ヒュミラからステラーラに変えたが今一つ効果が実感できていない。痔ろうの手術はしたが、狭窄は今のところないので腸管の手術はまだしていない。

詳しいプロフィールを見る

―― あの、ご結婚されたばっかですけども、あの、お子さんとかね、考えておられるかもしれないんですけど、その、お医者さんからは何か言われていますか、薬のこととかで。

はい。えーと…、主治医の先生はかなり専門性の高い先生に診てもらっているので信頼してはいるんですけれども、あの、やはり妊活を始めてから3年ぐらいたって、まだやっぱり授かっていないという状態なので、授かりにくいのかなっていうのは自分では思っています。それを踏まえた上で主治医の先生と相談して、あの、やっていっているところですね。

―― その、今飲んでいる薬とかは、その妊娠とか出産に対する影響っていうのはないんですか?

今飲んでいる薬は、えーと、子どもができていると分かった時点で中止する薬も含まれているとは聞いているので、あの、できたらすぐに報告してくださいとは言われています。

―― そうすると、その、妊娠期間中はその薬を止めるっていうことになるわけですか?

そうですね。ちょっと、そこのところは、どの薬がっていうのは聞いてみないと分からないんですけど、えーと、すぐにやめるものと、あと何週に入ったらやめると、あの、なっているものがあるみたいで、そこは、あの、主治医の先生と相談しながら、という感じですかね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12142 (17) { ["term_id"]=> int(37) ["name"]=> string(27) "妊娠・出産への影響" ["slug"]=> string(6) "kodomo" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(37) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(11) ["count"]=> int(10) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(37) ["category_count"]=> int(10) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "妊娠・出産への影響" ["category_nicename"]=> string(6) "kodomo" ["category_parent"]=> int(11) } }
同じテーマの語りを見る