インタビュー内容テキスト

ま、非常に朝、困っちゃうですよ、はあ。あの、デイサービス行くとき、迎えに来ますもんですからね。ほいで、「来たぞ、さあ、何か行くよ」、「どこ行くだ」ってね。「山。山のほうへ行くだ。山へ行くだ」って言ってね。○(デイサービス施設の名前)っていうことを言うとね、とてもね、あのー、「そんなとこ、行かんでもいい」だとかね、「うちにおりたい」とかね、えー、そういうようなことをよく言いました。昨日、今度行ったときでもね、まあ、しょうがないですからね、ま、向こうの方と一緒にね、あのー、一緒に押し出してね。ほいで、まあ無理やり。ほいで、私だけではできんときには、まあ、あの、うちの息子連れてきましてね、一緒に、息子と一緒に、(車の)中、引っ張り込んだりなんかしてね。無理に乗せることもあるです。ほいで、向こう行けばね、いろいろ、「とてもいい」と言って、言っておりますけどもね。
あの、向こうの方はね。いろいろ、家庭連絡帳、連絡帳っていうの書いて、毎日書いてくれる。それから、向こうでお風呂へね、風呂へあまり入らないっていうんですね。もう非常に拒否するとか、あるいは帰宅願望っていって、「うちへ帰りたい、帰りたい」って言う、言うですけどね、まあ、いろいろやったり。書道がやっぱり好きでね。あの、字を書くですよ、半紙へいろいろ書いたりしますけどもね。そうすると、あのー、よく書けたと言って褒めてくれるとね、えー、喜んでおります、そういうときは。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言