インタビュー内容テキスト

うーん、本当はすごく、心では優しく接してあげたいところなんですけれども。本当にヘルパーさんって、すごいえらいなと思うんですけど、やっぱり実の親子同士なので、なかなか、その、親切、優しくできないところがあって。つい、つい、何か赤ちゃんのしつけみたいに、「はい、次これ、しられ」みたいな、「これ、ちゃんとして」、「こういうの、ちゃんとズボン中にシャツ入れて」、シャツ、あの、「ちゃんとズボン上げた?」とか「パンツ上げた?」とか、何かもうすごく子どもを扱うような感じで、もう何かうるさがられ、本人にはすごくうるさがられてますけれども、本当にこれでいいのか、私がものすごく冷たい人間なんじゃないかなって思うときがあるんですよね。
やっぱり何か、「ああ、また、さっきこれ洗ったばっかりなのに、またこれ、洗わなきゃいけないの」みたいな、何かもう腹立ってくるときもありますので、本当、「自分、こんなに冷たい人間なのかな。みんな、でもどうしてる…?」「みんな、ほかの方たちってこんな思いしてないのかな? 私だけ1人腹立ててるのかな?」とか、思うことあるんですよね。うん、そういうの、何かまたちょっと聞かせてもらったら、すごく私にも、「ああ、私だけじゃないのかな」っていうのはある、あるのかなと思ったりしますけれど、うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言