インタビュー内容テキスト

わたしはですね、あの、生活をしていって、いつでも楽しくあり、で、人の前で、指示をできる。「お前、おかしい」とか、ぴしっとできることはできるんですよ。だけど、とくぜん(突然)、うーん、できなくなったですかね。急にです。「ああ…」、もう、こうなって。ほんで、えー、言葉悪いんですが、「おれは誰だ?」ってね、本当そう思いました。何が何か分からないんですね。
だけど、よく、あの、覚えてます。それとあのー、課長の、まああの、公務員は、課長っていいますね、その課の。その、2番目になったんですね。それでまあ、「よし、おれは頑張ろう」というね、こう、力を上げたわけですね。そのときに、やはり知らず知らず、おかしくなってですね。その打ち合わせをするのが、大変、あー、苦労をしました。で、それをきっかに、きっかく(きっかけ)にして体調がおかしくなりましたね。わたしは、そういうことは大好きなタイプだったんですけど、その、部下とか、ああ、いろいろ突っつかれたりすることもありますし、だからそういうことは、わたしは何ともない人間だったんですけど、急に体調がおかしくなったんですね。

―― あの、体調がおかしくなったっていうのは、どういう感じですか、具体的に言うと。

ええ、もう、とにかく、えー、自分が悲しいというような感じ、それが一番だったですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言