インタビュー時:51歳(2010年7月)
関係:妻(夫を介護)
診断時:夫57歳(インタビュー本人04)、介護者47歳
2006年に夫が若年性アルツハイマー型認知症と診断を受ける。夫婦2人暮らし。介護者は自宅介護をする傍ら、週の半分は家族の会の電話相談や講演活動を行う。夫は発病後、週3回有料老人ホームで入浴介助などの介護の仕事をしており、やりがいを感じ、利用者に必要とされていることを喜んでいる様子から、有り難い仕事を与えてもらったと嬉しく思っている。現在、介護に関する公的サービスは利用していない。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

B.C.さんは九州地方在住。若年性認知症の夫と2人暮らし。週3~4日は実家の家事手伝いをし、残りの日は家族の会の電話相談や講演活動を行っている。

夫は最初不眠を訴えメンタルクリニックでうつ病と診断されたが、仕事やバトミントンの指導にも行っており気にもとめなかった。仕事の話をしない夫が「会議室の場所がわからない」「部下との打合せがうまくいかない」など言うようになり、新しい部署が忙しすぎるのかと心配した。運転中に直進車が来ているのに右折しようとしたり、赤信号を無視したりと、B.C.さんもおかしいと思うようになった。2度目の病気休暇をとり、病院でMRIやSPECTなどの画像検査を受け、うつ病と診断された1年後の2006年、大学病院で若年性アルツハイマー型認知症と診断された。

うつ病と言われていた頃は、薬の効果もなく手だてもないまま転院を繰り返していたが、病名がつき、「一緒にがんばっていこう」と2人とも前向きに受けとめた。だが、今まで出来ていたことが出来なかったり、さっき言ったことを覚えていなかったりということが頻繁になり、B.C.さんはイライラし「どうしてこれができないの」「何で話さないの」と、夫を責めるようになった。夫の日記には「認知症の人はいつもとても不安なんだ。それを責め立てるようなことはしないで欲しい」とあった。夫は日々出来なくなることが増えていく中で、不安から抜け出せないままだったのだ。2人でがんばっていこうと思いながら、相手の思いを無視し考えを押しつけていたことに気づいた。

ある日の夫の日記には「介護者ではなくてパートナーになって欲しい」とあり、介護者とパートナーの違いとは…、パートナーになるには…と考えるようになった。夫が電話をとって「用件は妻に言ってください」と代わってくれ、それが最高のことのように感じられたことがあり、その時からできることを見ていってあげればいいんだと気づき、少しずつB.C.さんが変わり始めた。寄り添っていくというのは、相手のしたことをしっかり受けとめることだと思う。夫に学ぶことは多いと感じる日々である。以前は、自分が一番で「俺についてこい」と言うタイプの人だったが、病気になってからは、人は支え合って生きていることを実感しているせいか、心も感情もより豊かになったようで、夫婦でよく話し合うようになった。

夫は、4カ月半、週3日有料老人ホームで入浴介助などの仕事をし、利用者の喜ぶ姿にやりがいを感じながら仕事を行っていた。現在は、休んでいるが、職員の方は認知症本人がどう感じているか、どのようなサポートがあれば上手く仕事ができるかを学べると喜んでくれた。本当にありがたいことだと思っている。生活能力のレベルは下がってきている面もあるが、仕事への挑戦が本人のやる気と体力を充実させ、「認知症に負けないぞ」の思いを一層奮い立たせる場のひとつになったと感じている。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言

インタビュー介護者05:体験談一覧