診断時:66歳
インタビュー時:72歳(2008年8月)
中国地方在住。退職前の健康診断でPSAが高いことが分かり、生検を受けたが見つからず、1年後の2003年春にようやく前立腺がんが発見され、前立腺摘出術を受けた。術後すぐにホルモン療法を開始。2年ほど続けてPSAが低下したため一旦中止したが、2008年春よりPSAが上がってきたため再開している。妻と二人暮らしで子ども二人は独立している。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

M.Hさんは現役時代、ビル管理関係の会社に勤めていた。2002年春、65歳の退職前に健康診断を受けたところ、PSAが34という結果が出て、前立腺がんだろうから、病院に行って検査するようにと勧められた。地元の病院で生検を受けたが、がんは見つからず「がんではない」「1年後に病院へ来なさい」と言われた。「がんだったら1年間も持つかなあ」と強い不安を抱えながら、図書館で前立腺がんについて調べたり、健康食品を買ったりして過ごした。1年後、再検査を受けたところ、ようやく前立腺がんが発見された。

治療については、主治医からホルモン療法や放射線療法など、いろいろ説明も受け、自分で調べる中でも放射線療法がいいという話も耳にしてはいたけれど、待たされた1年間は本当につらかったので、とにかく手術で全部取ってしまいたい、取ったら完全に治るだろうと考えていた。主治医からも「まだ若いから切った方がいい」と言われたので、2003年春、前立腺摘出手術を受けた。手術後は、お腹に入っていた血液を出す管が抜けたあと、一度お腹が痛くなり、CTで調べると血液が貯まっていたため、注射器で血液を抜いた。また、尿道に入っていた管が、寝返りを打った時に折れ曲がり、尿が流れず膀胱に尿が貯まって痛かったのはつらかった。自分で工夫して、管を紐で腰に結びつけたあとは、管が折れ曲がらなくなり、苦痛なく過ごせた。尿の管を抜いてからは、尿漏れがあったが、回復は順調で1ヵ月ほどで退院した。尿漏れは退院後3ヵ月ほどしてほとんどなくなった。自分はそれほど苦労がなかった方だと思う。退院後、3ヵ月に一度ホルモン注射を2年ほど行い、PSAの値が落ち着いたので、一旦中止した。2008年春よりPSAが上昇したため、またホルモン注射を再開することになった。

がんを告知されたとき、本で読んだり、先に前立腺がんになった人から話を聞いていて、前立腺がんは他のがんと違って治るがんだと思っていたので、それほどショックは受けなかった。周りの人には、自分ががんであることを、はじめから隠さずオープンにした。昔から運動が好きで、退院後まもなくグラウンドゴルフを再開した。仲間みんなとわいわい一緒にグラウンドゴルフをやるのが大きな楽しみ。近くの山に登り、景色を眺めると大らかな気持ちになれる。体を動かして前向きに過ごすことが体に一番いいと考え、毎日を過ごしている。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言