※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー18

診断時:66歳
インタビュー時:72歳(2008年8月)
中国地方在住。退職前の健康診断でPSAが高いことが分かり、生検を受けたが見つからず、1年後の2003年春にようやく前立腺がんが発見され、前立腺摘出術を受けた。術後すぐにホルモン療法を開始。2年ほど続けてPSAが低下したため一旦中止したが、2008年春よりPSAが上がってきたため再開している。妻と二人暮らしで子ども二人は独立している。

詳しいプロフィールを見る

それで、帰って1週間ぐらいは、まあ、どういうんかね、管をはめとったから、今さっきも言ったように管の痛みがたまにあった、寝た折に、反対に寝たらいいんだけど、管のあるほうに寝とったら、これがよじれるようになって、それでいい折もあるけど、たまにその管が詰まって、曲がって…ねじれて、詰まる、尿がね。それで痛くなって目が開く。あれがだいぶんありました。それで、1週間ぐらいは、「先生、痛い痛い」、「看護婦さん、痛い痛い」って言いよったんですけど、まあ自分なりに考えて、管に、曲がっとる管が曲がらないように自分でこう紐を付けて、それからこの腰にこう、ぶら下げたん。そうしたら曲がらんようになって、うん。先生が、「おお、いいことをしとるなあ」って言われて。それから良くなったんですがね。それまではもう寝返り、まあどっち打つかわからんけど、行った折に、これね、案外長いんで、これがねじれるのがな。それで痛かった。それで、どうしてもおえんいうことでもう、紐を途中から括って、吊ったら良くなって、うん、それがまあ1週間ほどね。あれから楽になった。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(76) ["name"]=> string(36) "術後の排尿トラブルとケア" ["slug"]=> string(4) "more" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(76) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(35) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(76) ["category_count"]=> int(35) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "術後の排尿トラブルとケア" ["category_nicename"]=> string(4) "more" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る