※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:66歳
インタビュー時:72歳(2008年8月)

中国地方在住。退職前の健康診断でPSAが高いことが分かり、生検を受けたが見つからず、1年後の2003年春にようやく前立腺がんが発見され、前立腺摘出術を受けた。術後すぐにホルモン療法を開始。2年ほど続けてPSAが低下したため一旦中止したが、2008年春よりPSAが上がってきたため再開している。妻と二人暮らしで子ども二人は独立している。

会社を辞める折に健康診断を受けて辞めることになっていたんで、一応受けると(PSA)数値が34ぐらいあったんかな。それでお医者さんに…病院に行って調べてもらったところが「何もない。何もないじゃないけど、がんではない」言われて、数値が高いのに「がんではない」と言われたから、これは非常に不安に思いました。それからまた「あと1年先」って言われたんで「1年もがんじゃったら持つかなあ」とも思いましたしね。 始めの1年が一番えらかった(大変だった)。うん、もう不安。何にもわからん。それが検査がね、ほんまに不思議なんじゃけどな、CT撮ったりいろんなことをして、それから調べてくれたんですけれど…。 お尻からね、針を3カ所ぐらい、肉かなんか知らんが採って「これ、ありません」言うて見せてくれたんじゃから、先生が。そやから不思議に思うて、そこまでさせられてありませんから言うて、前(PSA検査)とったところへ、紹介状書いてくれたところへ、また持って行ったんです。「ありません」言うて。「先生なかったですよ」と。「おー、不思議だなあ」って言われたんじゃけど。うん、そやからもう1年間ぐらいは、ほんまにもう誰にも言えんぐらい、いろんな薬も、ようけ飲んだしなあ。もう1カ月1万円ぐらいの薬をずーっと(笑)買ってね、色んなのをな。あれが早う見つかっとったらな、あれもっと楽になったわ、うん。 それは一番初めに、先生が言われたもん。「34だったらこれ、がんじゃよ」言うて。「間違いねえ」って言うたの。「だから、はよう行かないけん」言うて。うん、それで行ったらまあ1週間ほどでね、調べてもらって、いろんな検査して調べてもらったら「ない」言われたから、これはもうほんまショック。「ほんなら(見つからなかったと)書いてくれ」言うて「ない」いうて持ってったん、向こうへ。あれはショックやった。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧