※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー18

診断時:66歳
インタビュー時:72歳(2008年8月)
中国地方在住。退職前の健康診断でPSAが高いことが分かり、生検を受けたが見つからず、1年後の2003年春にようやく前立腺がんが発見され、前立腺摘出術を受けた。術後すぐにホルモン療法を開始。2年ほど続けてPSAが低下したため一旦中止したが、2008年春よりPSAが上がってきたため再開している。妻と二人暮らしで子ども二人は独立している。

詳しいプロフィールを見る

――ホルモン療法、ホルモンですか? えっと、どういう治療だったのか、いつからやってたのか、教えてください。

あ、ホルモンはね、あの、退院する折からしたんです。おへその周りに、まあ上から右回りに打つんですけど、あの、カプセルなんで3ヶ月持つ。ホッチキスみたいなので(笑)、こうやって、つまんでガチッと入れるんです。あれはまあ痛いけど、まあ仕方がない(笑)。うん。それ3ヶ月持つ。それでまた3ヶ月経って行ったら今度はこっち側、そういうので順番にして、えーと1年、2年ぐらいしたかな、2年ぐらいホルモン注射をして、それでもう、数値がもうわからんぐらいになったからやめる言うて、もう注射やめたんです。
それで、やれやれ助かった、やれやれと思って。もう高いていけないの、注射が。うん。僕らで、僕らで言うたらいけんけど、(窓口での支払いが)1万円ぐらい。1割(負担)じゃからな、(薬価が)10万ぐらいする。そのぐらいやったかな。それがやれやれ助かったと思うとったん(笑)。で、2年くらいは、その注射せなんだ。ほったらこの前の3月、今年の3月に行ったときに「またちょっと上がりかけとるからまたするかな」言うて、うん。で、3月にして、この6月にした。注射はな、痛い。ものすごい痛い、もう。穴開けてカプセル埋めるんじゃもん。ブーッ、ガチャーッいうて(笑)。

――注射したあとはどうなんですか? 注射するときだけ痛いんですか?

うん、うん、注射だけ。こんな奥へ入れるだけ。ガチ―ンいうて。体寝とって、これ持ちあげて、ホッチキスみたいなのでガチーいうたらもう終わり。「痛てー」言うたら終わり。あともう痛くもどうにもない。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(79) ["name"]=> string(57) "内分泌療法(ホルモン療法と精巣摘除術)" ["slug"]=> string(7) "horumon" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(79) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(27) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(79) ["category_count"]=> int(27) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(57) "内分泌療法(ホルモン療法と精巣摘除術)" ["category_nicename"]=> string(7) "horumon" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る