※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー18

診断時:66歳
インタビュー時:72歳(2008年8月)
中国地方在住。退職前の健康診断でPSAが高いことが分かり、生検を受けたが見つからず、1年後の2003年春にようやく前立腺がんが発見され、前立腺摘出術を受けた。術後すぐにホルモン療法を開始。2年ほど続けてPSAが低下したため一旦中止したが、2008年春よりPSAが上がってきたため再開している。妻と二人暮らしで子ども二人は独立している。

詳しいプロフィールを見る

――今回3月にその数値が、PSAが上がってきたっていうふうに言われたときに、どんなふうに、あの、ご自身では感じました?

うん、あの、その前に、言われる前に、前の3ヶ月前に、「もうこれで数値も落ち着いとるからもう卒業」いうて言われたんです、先生が。それで僕も喜んで行ったんじゃけど、ほったら「ちょっと上がっとる」言われて、ありゃーあかん、ほんまかなあと思ったんですけどね、もう。上がっとる言われたら仕方がないから、ほんならまあ、別にどういうことはないからね、うん。ちょっと出費がかさむだけ(笑)。うん。

――なんかまた数値が上がってきたことで、そのー、がんがまた顔を出してきたのかなあとかっていう、そういう不安とかっていうのはあんまりなかったですか?

うん、そこまでは考えなんだですけどね。あのー、僕の知っとる人も、あのー、がんでそういう検査をされおうて、あのー、ずーっと上がった。それでホルモン注射したらまた下がったいうて、うん、言われたから、ほな僕もそうかなと思って。うん。そういう友だちがおるんですわ、もうちょっと、ちょっと先輩だけどな、あの、病気の先輩がおられる。うん。で、そのまあ、先輩の言う通りに(笑)、「えろう恐がることもねえよ」っていうて言われて。うん。もう一つあの、あのな、よう言われてる天皇陛下もなっとるでしょ? 天皇陛下さんももうちょっと上がったって、なあ、言われたから。それで今、落ち着いたんじゃないかとね、僕もそう思うて。うん、もう前向き。前向きです。はい、はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12120 (17) { ["term_id"]=> int(86) ["name"]=> string(42) "治療経過にともなうPSA値の変化" ["slug"]=> string(8) "psahenka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(86) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(67) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(86) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(42) "治療経過にともなうPSA値の変化" ["category_nicename"]=> string(8) "psahenka" ["category_parent"]=> int(67) } }
同じテーマの語りを見る