※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー21

診断時:60歳
インタビュー時:65歳(2008年8月)
九州地方在住で、会社員として勤務していた。2003年7月に健康診断を受け、PSA値の異常が発覚。密封小線源療法を希望したが、当時はまだ九州地方に施設がなかったため、導入されるまでホルモン療法を受けていた。ホルモン療法の副作用はつらかった。2005年4月に念願の小線源療法を受けた。入院期間も短くて済み、現在は近隣の総合病院で様子をみているが経過は良好。妻、娘と同居。一人暮らしをしている息子がいる。

詳しいプロフィールを見る

検査をしましたら、まずその(がんの)疑いが濃いということになりまして、今度はより詳しいやつを、何か鉄砲みたいなやつを肛門から撃って、それでそれから、何かその、がんの細胞を、あるかどうかを検査するということになりまして、7月10日と11日ぐらいですか、2003年の。で、入院しまして。検査を受けました。で、その発射された銃が6発だったと思います。6発のうちのたった1発だけがね、引っ掛かりまして。「これはがん細胞だ」「(がん細胞が)ある」というようなことで、「がんですよ」という診断を受けました。まあ、先生いわくには、「もしこれが6発撃って、1発もかからなければ、がんでないというんですが、幸いにして1発当たりましたから、おかげでがんが見つかりました」と。私も実際、そう思いました、ええ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11078 (17) { ["term_id"]=> int(70) ["name"]=> string(24) "診断のための検査" ["slug"]=> string(5) "kensa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(70) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(70) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "診断のための検査" ["category_nicename"]=> string(5) "kensa" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る