インタビュー内容テキスト

重粒子線というのは、やはり新しい治療ですし、非常にお金も高い治療です。保険もききませんし。ただ、非常に体に負担のない、いわゆるがんの患部に行って直接そこで効果を発揮するという治療ですから、非常にそういう意味では、治療の後遺症とかそういうものは、あまりございませんのでね。それはそれで、まだ先端医療でしたし、そういう意味では免疫細胞療法も先端医療ですし、お金がね…やはり両方ともあんまり副作用ないよと言いますけど、お金がなくなるのが一番の副作用でね(笑)。やはり、先生を存じ上げていたとかですね、そういうもの(先端医療)にトライしてみようという好奇心もあったんでしょうねえ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言