※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー13

インタビュー時年齢:28歳(2019年3月)
障害の内容:内部障害(小腸機能障害による短腸症候群)
学校と専攻:大学・社会福祉(2008年度入学)
中部地方在住の男性。生後3日で中腸軸捻転のため小腸を17センチ残して切除し、それ以降ずっと、夜間に栄養点滴を行う生活をしている。社会福祉を専攻した大学ではサークル活動にのめり込み、とても楽しんだ。就職は、体力や福利厚生の面から公務員を選択し、現在は小学校の事務員として働いている。美味しいものを食べることが趣味。

詳しいプロフィールを見る

だから技術的な面もそうですけど、部員の人たちが少しでも、こう活動しやすいようにするだとか、あとは自分の居場所の一つとして、大学の一つの居場所として、あの…、そういうサークルの環境づくりっていうのを、のほうに少しずつこうシフトしていったというか、あの、そこを強化していったというか。
 で、そこから地域のイベントに少しずつ呼ばれて行って、まあ、これも営業をしたりとかしたんですけれども、最初にアポイントがあって、そこからは団体のつながりで…、で、行ったら、それを、見に行った人からかなり、あの、注目されたりだとか。で、高校に、高校の、せっかく、オープンキャンパスとかでも入学式とかでも、いろんなところでノートテークをやっていたので、で、それがやりたくて来たっていう子も少しずつ増えてきたりとかして、あ、これでひとまず流れはオーケーだなっていうのと。
 まあ、でも、これ多分自分卒業したら、うん、多分ちょっと落ちていくかなっていうのが他の先輩たちのサークルを見てても、立ち上げた人たちの初代メンバーが卒業しちゃうと流れで、あの、まあ、廃れていっちゃうっていうことを結構見てたので、なんで体系として残したりとか文章として残したりとかすれば。自分は全く参考にするものが文章としても残っていなかったので、えー、なんで全国のシンポジウムだったりだとか、あの…、結構メインにやっている大学のほうに直接連絡をしたりして、その先生方にアドバイスをもらったりとか、資料をもらったりだとかっていうことをしていたんですが、結構それが最初にあればもっといろんなことできたのになっていう。
 卒業する頃には音声認識がそろそろ、あの、出始めてきていたので、だんだん取って代わられるだろうなっていうのもあったんですが、それと併せて、まあ、要約筆記の技術だったりだとか、情報保障の考え方だったりとかっていうのを、うん、もっと学んでいけばコミュニケーションっていう部分でも、あの、聴覚障害のある人とのコミュニケーションっていう部分でもかなり、うん、プラスになるのかなっていうのをいろいろ感じてたんで。で、それを、まあ、ひとまず文面に残しておいて、誰かがこういうのを知りたいって思ったときに、あの、全部資料として残したりとか。 
 で、他のサークル、こういうことやっているよっていうのを示したのは、自分たちが何かやりたかったら、そこの大学に問い合わせてみていいと思うっていう。で、そこで自分一応こういうのをやってたから多分名前は、先生方はどこかで引っ掛かってつながりが一つ持てるんじゃないかなっていうのも目的として、あの卒論っていうかたちで残したんですけれども。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#14056 (17) { ["term_id"]=> int(25) ["name"]=> string(27) "大学生活で得たこと" ["slug"]=> string(7) "etakoto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(25) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(25) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "大学生活で得たこと" ["category_nicename"]=> string(7) "etakoto" ["category_parent"]=> int(24) } }
同じテーマの語りを見る