※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:46歳(2019年3月)
障害の内容:全身性の肢体不自由(脳性麻痺)
学校と専攻:大学・経済学部 (1993年度入学)

関東地方在住の男性。脳性麻痺による全身性の肢体不自由で、大学時代は歩行。その後は、電動車椅子を使用している。大学は30校ほど受けたうち、合格した1校に進学した。大学1年の時、米国留学で「障害学生」という考え方や支援サービスを知り、驚いた。在学中に他の当事者とかかわり、障害を持つ人の「教育」に関することを、一生の仕事にしようと決める。現在、日本で唯一の障害の種類を問わない全国的な当事者団体である「全国障害学生支援センター」の代表。妻と二人の子どもと暮らしている。

3年生から、ちょっと話、前後するけど、教職を取り始めた。で、2年生の夏のその合宿(後に出てくる「障害者の教育を実現する会」の合宿)のときに、たまたまFさん(視覚障害のある当事者の方)が先に教育実習やってたんだよね。うん…。東京都で初めてですよね。教育実習があったんです。

――ちなみにこれ、教職は取ろうと思った何か理由とかって何かあるんですか。

(Fさん(奥様・障害当事者の方)の方を指さす。)。

――そうなんだ。それは、そういう理由で。

うん、うん。

――そうか、教えてもらえるみたいな?

うん。いや、教えてもらえるっていうか。

――先に取って。

こういうふうに教育実習受けていた人がいたんだ、で、自分も障害を持つ人の教育に、やっぱり関わっていこう。当事者として生きるっていう言い方もあるけど、正確に言うと3年のこのとき思ったことっていうのは、障害を持つ人の教育を一生の仕事にしていこうと…、という思いですね。
それと相まって、1~2年は語学というのでやっていたんだけど、3年生になって教育っていうことに絞っていく。

――そうか。その、そのときに、あ、何かちょっとなれ初めを聞きたいけど。じゃ、やっぱり、会ってその障害、「教育を考える会」?

正確には「障害者の教育を実現する会」。

――「障害者の教育を実現する会」で、いろんな当事者の方に。

って。うん。

――その中に、Fさんがいらして。

いて話を聴いたりして、もう盛り上がったりしながら。

――盛り上がって。

でも、1年に1回ですからね、基本ね。そういう中で、教育っていうことに絞って。
 まあ、元々、小学校から自分の教育、自分がどうして通常学級にいるかっていうことは関心はあったので、いろんなものがつながっていくんですよね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧