※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:46歳(2019年3月)
障害の内容:全身性の肢体不自由(脳性麻痺)
学校と専攻:大学・経済学部 (1993年度入学)

関東地方在住の男性。脳性麻痺による全身性の肢体不自由で、大学時代は歩行。その後は、電動車椅子を使用している。大学は30校ほど受けたうち、合格した1校に進学した。大学1年の時、米国留学で「障害学生」という考え方や支援サービスを知り、驚いた。在学中に他の当事者とかかわり、障害を持つ人の「教育」に関することを、一生の仕事にしようと決める。現在、日本で唯一の障害の種類を問わない全国的な当事者団体である「全国障害学生支援センター」の代表。妻と二人の子どもと暮らしている。

やっぱり、なんだろな、やっぱり自由に学ぶっていうことの素晴らしさみたいなのをやっぱり実感させていただいた。そして、多様であることの大切さっていうのを、また実感できた。そういったものの基礎をつくってくれたのは、やっぱり大学生活だったかな。
勉強っていう点では正直、あの、十分じゃ全然なくて、どっちかというとまだ、ちょっと、もうちょっと勉強したいなと思うことのほうが多く、何かね、放送大学にしても何にしてもね、もうちょっと勉強しなきゃと思うことは最近のほうが多いんですけど。でも、大学生活っていう点ではやっぱりそういう自由に学ぶっていうことを、やっぱりすごく感じたし。
あと、この、さっき話さなかったけど、教職課程では専門的にやったのは子供の権利のことを。うん。まあ、担当だった先生が子供の権利が専門だったんで、えー、子供の権利のことをやってきたから、やっぱり、えーと、自分が学ぶっていうことは、あるけれども、逆に言うと、うん、学歴とかね、いうことにこだわらないっていうか。うん、うん。そう。学歴があるから勉強したいっていうことじゃなくて、学歴っていうことと学ぶっていうことは切り離せるっていうことを、まあ、多様。
だから卒業するっていうのも一つの選択だし、でも卒業しないっていうのも選択だし。でも、(卒業)しなくたって、学ぶわけですよ、もちろん、いろんなことをね。学ぶっていうことは、学ぶわけですよ。そういう意味も含めて多様であるということ、それを学べたいい機会だったかなという気がして。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧