※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー09

インタビュー時年齢:46歳(2019年3月)
障害の内容:全身性の肢体不自由(脳性麻痺)
学校と専攻:大学・経済学部 (1993年度入学)
関東地方在住の男性。脳性麻痺による全身性の肢体不自由で、大学時代は歩行。その後は、電動車椅子を使用している。大学は30校ほど受けたうち、合格した1校に進学した。大学1年の時、米国留学で「障害学生」という考え方や支援サービスを知り、驚いた。在学中に他の当事者とかかわり、障害を持つ人の「教育」に関することを、一生の仕事にしようと決める。現在、日本で唯一の障害の種類を問わない全国的な当事者団体である「全国障害学生支援センター」の代表。妻と二人の子どもと暮らしている。

詳しいプロフィールを見る

明 らかに制限を感じたのは、まあ、大学2年生のときに、1年で短期で(アメリカ留学に)行って、本当は2年生のときに、長期で留学しようと思ったんですよ。
で、TOEFLを受けたんですよ。本当に、TOEFLは時間でやるものなので、本当、半分も成績が出ない。うん。時間、時間(の制限)を感じたのはそんときですね。あとマークシートが、もうほとんど書けなかったし。
でも、(手が不自由でも回答がしやすいように、塗りつぶすマークシート用紙から)チェック回答(の用紙)に直すとかいうことも、当時できたかもしんないけど。

――普通に受けたんですか、TOEFL?

そう。

――もう、あの、みんなと同じマークシートで?

そう、そう。そう、そう、そう。だから、500点取ったら留学できるよみたいなことを言われて400点とか、390点とか、そんなもんしか取れなかったのかな。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#14113 (17) { ["term_id"]=> int(17) ["name"]=> string(12) "海外留学" ["slug"]=> string(7) "ryugaku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(17) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(13) ["count"]=> int(11) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(17) ["category_count"]=> int(11) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(12) "海外留学" ["category_nicename"]=> string(7) "ryugaku" ["category_parent"]=> int(13) } }
同じテーマの語りを見る