※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー03

インタビュー時年齢:30歳(2018年12月)
障害の内容:肢体不自由(脳性麻痺)
学校と専攻:大学・社会福祉学(2008年度入学)
関東地方在住の女性。脳性麻痺による肢体不自由で、手動車椅子を使っている。高校までは普通学校で、社会福祉を学びに大学へ進学した。大学では寮で一人暮らしをした。勉強面では、試験時間の延長などの対応があった。在学中は、オープンキャンパスのスタッフなど3つほどサークル活動を行った。卒後は、社会福祉施設に就職した。

詳しいプロフィールを見る

大学の2年生の後半ぐらいに寮生活にも慣れてきた頃、ちょっと気持ちにも余裕が出てきたので、大学に入学する前からやってみたいと思っていたオープンキャンパスの学生スタッフに、こう応募というか参加して、えーと、それは卒業する間際までやっていたので2年弱ですかね、行っていました。
で、先ほども少し出たかもしれないんですけど、私の在籍していた大学は、障害学生を多く受け入れている大学でもあったので、えーと、オープンキャンパスのときにも車椅子の学生であったりとか、障害をもった学生が、多くオープンキャンパスに来てくださることもあったので、えーと、同じ障害をもつ学生として、私の、うーん、大学生活を送る上で感じていることだったりとか、受験する際にこう、受験する前に行っていたことだったりとか、私が感じる学校の雰囲気だったりとか、そういうものを障害をもった受験生に伝えたいなっていう思いがあって活動していました。

――で、実際、じゃあ、(来てくださる)障害学生の方もその、入学前に見学に来られる障害学生というか高校生ですかね。

高校生、はい。

――実際話をされたりとかいうこともあったんですか?

はい。えーと……、割とこう、車椅子の、同じ車椅子の高校生であったりとか…、うーん、あとは…、視覚障害の方であったりとか…。障害をもって大学生活を送る上でやっぱり一番気になっているところが授業のサポート体制が、えーと、どうなっているかっていうところが皆さん不安が多かったみたいで、私の所属しているそのサークルでどういう活動をしていて、サポートを受けられるんですかっていう質問であったりとか、そういうものを多く、こう、受けたりすることがあったので、えーと、私が受けているその定期テストのサポートで、配慮であったりとか、そういうところも含めて受験生にお話ししたりとかもしていました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12822 (17) { ["term_id"]=> int(22) ["name"]=> string(27) "サークルなどの活動" ["slug"]=> string(6) "circle" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(22) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(18) ["count"]=> int(10) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(22) ["category_count"]=> int(10) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "サークルなどの活動" ["category_nicename"]=> string(6) "circle" ["category_parent"]=> int(18) } }
同じテーマの語りを見る