インタビュー内容テキスト

夏休みに姉と一緒にハワイ旅行へ行ったんですよ。それで、えー、なんか…うん、やっぱり自分の気持ちも多分クヨクヨしとったのか分からないんですけど、その、もう飛行機の中から具合が悪くなっちゃって(笑)、それで着いた時にはちょっともう、熱があるような感じだったんですね。それで、ホテルに入った時に、解熱剤で座薬を入れたんですね。お尻から入れるやつですけど、それを入れた時にすごく痛みが走ったんですよ。そんで、そのあと、ちょっと出血もあったもんですから、なんか、もう「いよいよ痔がひどくなっちゃった」(笑)と思ってたんですね、その時は。だから、「帰国したらもう絶対に病院に行くんだ」っていうふうにその時に思って。
あまりこの辺じゃかかりたくないと思って、隣の市へ行って、それでそこを受診して、ええと…まあ、先生に…診てもらったんですけど、そこでやった検査が、ええと、大腸のカメラですね。内視鏡のカメラだったんですね。ほんで、そこで、あの……診てもらったら、まあ、肉眼的にも、もうカメラだから分かりますよね。その…「痔があるよ」ってやっぱり言われたんですね。
そんで、後日、その手術の日の予約みたいなことをして、うーん、それからそんなに経ってなかったと思うんですけど、まあ「痔の手術」と思ってましたから、まあ、普通に内視鏡だけで…その…先生が「痔」って言われる部分を(笑)切り取ってもらって、その時に、先生がその細胞の検査を出したんですね。その切り取ったそのものだったんですけど。うん。で…まあ、それが「がんだったよ」っていうことで、あの、あとで…まあ、告知ですけど、受けて。で、あの、そこの痔の専門の病院の先生が、ええと、「大学の同期の先生で立派な先生ががんの専門病院で同期でいるから、紹介するから、そっちで手術してもらいなさい」っていう話になって、それで、その痔のお医者さんがそのがんの専門病院の先生を紹介してくださったんですね。うん。そんで……まあ、そんな「痔だ」と思ってましたからねえ。うん。それは相当なショックでしたけどねえ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言