プロフィール

インタビュー20

診断時:25歳
インタビュー時:40歳(2012年7月)
女性・中部地方在住。健診センターで看護師として働き、術後に知り合った夫と二人の子どもと共に暮らしている。25歳の時に大腸がんと診断され、患部は手術で切除したものの、人工肛門を造設することになった。検診はそれまで毎年受けていたが一度も潜血反応が出たことはなく、むしろ肛門のかゆみと倦怠感が気になっていた。かゆみは痔によるものだと思っていたが、肛門科を受診することに躊躇しているうちに、発熱した。その時に肛門から解熱剤を入れて強い痛みを感じ出血したのが受診のきっかけである。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

その処置が、やっぱり下剤をすごい飲まないといけないのは、やっぱ辛いですね、あれは。手術受けた時に、短い間に大腸ファイバーを何回やったんだっていうぐらいやって、もう辛かったですよね。2リットルですもんね、下剤が。なんかこう、塩っぽい味がするんですけど、「飴玉なめながらでもいいんだよ」とかって言われて、飴玉なめながら飲んだりとか。まあ、検査も嫌ですけどねえ。検査の前に注射も打つんですよね。なんだっけな、あの薬はなんだ?(笑) 検査の前に「緊張しないように」とか言ってねえ、注射打ったりとか、あれも嫌だしね。あのあと、「しばらくは車を運転しないでください」とか言われるし。結局、検査するのに、うん、一日がかりというか、前の日から絶食して、その当日は下剤をいっぱい飲まないかんしっていう感じで、まあ、辛いですね、あの検査は。トイレにも何回も行かないといけないしねえ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12127 (17) { ["term_id"]=> int(74) ["name"]=> string(39) "大腸内視鏡検査の説明と準備" ["slug"]=> string(9) "naijyunbi" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(76) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(11) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(74) ["category_count"]=> int(11) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "大腸内視鏡検査の説明と準備" ["category_nicename"]=> string(9) "naijyunbi" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る