プロフィール

インタビュー20

診断時:25歳
インタビュー時:40歳(2012年7月)
女性・中部地方在住。健診センターで看護師として働き、術後に知り合った夫と二人の子どもと共に暮らしている。25歳の時に大腸がんと診断され、患部は手術で切除したものの、人工肛門を造設することになった。検診はそれまで毎年受けていたが一度も潜血反応が出たことはなく、むしろ肛門のかゆみと倦怠感が気になっていた。かゆみは痔によるものだと思っていたが、肛門科を受診することに躊躇しているうちに、発熱した。その時に肛門から解熱剤を入れて強い痛みを感じ出血したのが受診のきっかけである。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

その検査に出した便に血液が入ってるかどうかっていうことですもんね。だから、

―― え、あんなちょっとしか採らなくて(笑)、こう、便全体を丁寧にはやらない。たくさん刺してって言ったって。

その時、たまたま出血がなければね、そのまま通過してっちゃうことだと思うので。うん。ねえ、どうやって大腸がん見つければいいのかねえ。ほんとになんか、うーん。お腹の調子の悪い人は、ねえ…うん……なんていうか、うん、やっぱ便、便の様子とかね、うん…よく気を付けたほうがいいですね。うん。
あの、あ、思い返すと、あれは大腸がんの症状だったかもしれないって思うのは、こう、なんか飲酒っていうかした時に…こう、必ず下痢便になるんですよね。うん。で、私、大体毎朝一回便が出る感じで、別に快便だったもんで、うん、あまりその時も、「ああ、ビール飲んだから下痢になったんだな」っていうふうで思ったんですけど、それってやっぱり、下痢と、下痢をなんかこうちょっとしたきっかけで繰り返すっていうのも、多分、大腸がんの症状だったんですよね。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12128 (17) { ["term_id"]=> int(83) ["name"]=> string(33) "検診で見つからないがん" ["slug"]=> string(7) "giinsei" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(85) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(78) ["count"]=> int(11) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(83) ["category_count"]=> int(11) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "検診で見つからないがん" ["category_nicename"]=> string(7) "giinsei" ["category_parent"]=> int(78) } }
同じテーマの語りを見る