プロフィール

インタビュー20

診断時:25歳
インタビュー時:40歳(2012年7月)
女性・中部地方在住。健診センターで看護師として働き、術後に知り合った夫と二人の子どもと共に暮らしている。25歳の時に大腸がんと診断され、患部は手術で切除したものの、人工肛門を造設することになった。検診はそれまで毎年受けていたが一度も潜血反応が出たことはなく、むしろ肛門のかゆみと倦怠感が気になっていた。かゆみは痔によるものだと思っていたが、肛門科を受診することに躊躇しているうちに、発熱した。その時に肛門から解熱剤を入れて強い痛みを感じ出血したのが受診のきっかけである。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

それはもうすごい…ビックリしたし、うん、もう「今から大変だ」っていうふうに思ったんですよね。うん。それで、まあ、自分は知識もあったもんですか、まあ、手術をすれば人工肛門になるということが分かっていたので、まあ、自分ががんであるということと、その人工肛門になるっていうことがこう、いっぺんにこう自分の中にきてしまって、もう本当に、そのあと、自分で自宅に電話したんですけど、その当時、公衆電話で、こう、プッシュホンの黄緑のやつ(笑)で電話したんですけども、自宅の電話番号も、全然もうパニックになっちゃって押せなくなっちゃって。ほんでもう4回か5回ぐらい間違えちゃって、自分の電話番号なのに(涙)。ほんで、もうようやく母親に言えたのが、本当に5、6回目にこう押した番号で、もう…もうそれしか言えなかったですね。とにかく「取ったやつががんだったから」っていうことでね。うん。それで、まあ、親も多分ビックリしましたよね、多分。ほんで…まあ、自分が…多分、「受診するのをやめなさい」って言ってみたりとか、そういうこともあったもんですから、多分…まあ、親も多分痔だと思っとったし、自分もまあ痔だと思っとったもんでね。まあ、それはしょうがないことなんですけど、うん。まあ、そんな感じでがんが…分かったんですけどね、自分の場合は。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12185 (17) { ["term_id"]=> int(83) ["name"]=> string(33) "検診で見つからないがん" ["slug"]=> string(7) "giinsei" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(85) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(78) ["count"]=> int(11) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(83) ["category_count"]=> int(11) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "検診で見つからないがん" ["category_nicename"]=> string(7) "giinsei" ["category_parent"]=> int(78) } }
同じテーマの語りを見る