プロフィール

インタビュー20

診断時:25歳
インタビュー時:40歳(2012年7月)
女性・中部地方在住。健診センターで看護師として働き、術後に知り合った夫と二人の子どもと共に暮らしている。25歳の時に大腸がんと診断され、患部は手術で切除したものの、人工肛門を造設することになった。検診はそれまで毎年受けていたが一度も潜血反応が出たことはなく、むしろ肛門のかゆみと倦怠感が気になっていた。かゆみは痔によるものだと思っていたが、肛門科を受診することに躊躇しているうちに、発熱した。その時に肛門から解熱剤を入れて強い痛みを感じ出血したのが受診のきっかけである。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

で、まあ、普通初期のがんだと、そこだけ取っておしまいだけど、自分の場合は直腸に近かったもんですから、直腸に近かったっていうか、もう直腸にがんができちゃったもんですから、人工肛門になっちゃったんですよね。その、もうちょっとこう奥っていうか(笑)、その場所がねえ…よければ、その場所だけ取ってっていうことができたと思うんですけど、もう直腸がんだったもんですから、結局、直腸は全部取っちゃいましたもんねえ。うん。うん。「そんなに広く切らないといけないのかな」っていうのは思いましたけどね、すごい。うん。

―― で、それで、ご自身で、「あ、人工肛門だ」って最初に思われたっていうんですけども、それは、じゃあ、もうご存じだったんですかね。まあ、普通の人はね、普通の人は分からない…。

普通の人は多分、分からないと思うんですけど、私は看護師で、看護学生の時に、もう、そのストーマっていうのを見てますからね。

―― ああ、そうですか。

うん。だから、その、そういうのがあるっていうのは知ってたし。うん。なんでしょうね、うん、まあ、自分がそうなるとは思いもしなかったけど、まあ、そういう…ふうになるんだなっていう覚悟というか、うん。それに、自分が勤めていた病院が消化器内科だったもんですから、そのストーマ持ってる患者さんも時々いらっしゃったんじゃないかなあ。だから、人工肛門の存在は知ってましたから。うん。手術されてからビックリっていうことはなかったですけど、ちょっと、もう最初の受け止めが(笑)なかなかねえ。うん。「がんで、がんで、もしかして死ぬかもしれないし、その上、人工肛門までつけないといけないの?」っていう感じですかね。うん。(涙)

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12185 (17) { ["term_id"]=> int(86) ["name"]=> string(21) "大腸がんの治療" ["slug"]=> string(6) "chiryo" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(88) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(80) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(86) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(21) "大腸がんの治療" ["category_nicename"]=> string(6) "chiryo" ["category_parent"]=> int(80) } }
同じテーマの語りを見る