プロフィール

インタビュー20

診断時:25歳
インタビュー時:40歳(2012年7月)
女性・中部地方在住。健診センターで看護師として働き、術後に知り合った夫と二人の子どもと共に暮らしている。25歳の時に大腸がんと診断され、患部は手術で切除したものの、人工肛門を造設することになった。検診はそれまで毎年受けていたが一度も潜血反応が出たことはなく、むしろ肛門のかゆみと倦怠感が気になっていた。かゆみは痔によるものだと思っていたが、肛門科を受診することに躊躇しているうちに、発熱した。その時に肛門から解熱剤を入れて強い痛みを感じ出血したのが受診のきっかけである。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

それで、手術したあとも「ヤレヤレ」と思っとったら、もう、なんか、「しっかり叩きたいから抗がん剤も飲んで」とかって言われたりとか。

―― ああ、じゃあ、抗がん剤も飲まれて。飲まれました?

うん。あのね、5-FU(ファイブエフユー)っていうやつをね、飲んでって言われて、1カ月ぐらい飲んだら、そうしたらなんかね、副作用で色素沈着みたいなのが出ちゃったんですよ。ほんで…なんか「こんな抗がん剤なんか飲んどって、今から妊娠とかしないといけないのに」とかいろいろ(笑)思ったのもあって、先生に「こんなふうに色素沈着になっちゃって」とか言って、こういうとこ、本当に黒ずんできちゃって。そんで、先生に入ったら、「まあ、ほんなら、まあ、止めときん」って言って、もうあっさり1カ月ぐらいで止めになったんですけど。うん。ねえ、本当にがんって怖いですね。そうやって、医者も徹底的にやりたがるし、やりたがるって言ったらあれだけど、その手術して…ねえ、「ヤレヤレ」って思っとったのに、「えーっ!?」って思って、思いましたからねえ。うん。ほんと、ビックリしましたけどね。まあ、でも、それはすぐに止めになったもんで安心したように思いますけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12129 (17) { ["term_id"]=> int(86) ["name"]=> string(21) "大腸がんの治療" ["slug"]=> string(6) "chiryo" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(88) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(80) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(86) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(21) "大腸がんの治療" ["category_nicename"]=> string(6) "chiryo" ["category_parent"]=> int(80) } }
同じテーマの語りを見る