インタビュー内容テキスト

クリニックのいいところって、すごく受診しやすいし、あんまり待たされないし、こう、親身になってくれるっていうところがいいところなんですけど、悪いところも、やっぱり、検査の結果がすぐでないですよ。で、特に小さな病院だと、あの、採血の結果なんかも外注、ほとんど外注なので、もう2日3日後ぐらいにならないと、その、白血球の値が分からないとか。あとは、あの、腫瘍マーカーも1週間とか経たないと分からないとか。CT、MRIとか、その大きな検査になると、自分の病院ではできないから、その大きな病院に、紹介状を書いて、やるっていうことになるので。結局、その、私は、肝臓に再発して、あの、そのクリニックの先生のところに行って、いろいろ相談してたんですけれど。結局、その検査は別の病院にいくために、1ヶ月後とかになっちゃうんですね。検査の予約が。
やっぱり、再発しちゃったりすると、検査が多くなってくるので、大きな病院でないと駄目だなって、自分もその再発したときに、そう思って。クリニックの先生の腕はすごく確かだし、人間性も大好きだったんですけども、やっぱり、その自分の体をこれからこうお任せするにあたり、クリニックではちょっと限界があるんじゃないかっていうふうに。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言