インタビュー内容テキスト

手術をしてから、やっぱり、こう左の胸はちょっとこうケロイドみたいな傷が、今でも残っているんですけど。で、ちょっとこう硬かったんですね、こっち側だけ。で、彼は、やっぱり、その、愛しあうときは、やっぱり、こっちは触らない、こっちだけっていう感じで、最初は、そうしていたんですけど。でも、もう1年ぐらい経ってくるとだんだんこうその放射線を浴びたあとにちょっと黒ずんでいた感じが取れてきて、だんだんこうこっちもあんまり変わらないような色になってきて。で、そんなに、こうつっぱり感もなくなってきたので、何か、普通に、普通なんですけど(笑)。でも、そうですね、(ホルモン療法の副作用で)更年期の症状が去年から出てきて、その何ていうんですかね。あまりこうスムーズにそういうことができなくなったというか、何と言うんでしょうか、ちょっと、まあ、人工的なものを何か使わないと、何かちょっとこうそういう行為ができないとか、そういうのも、ちらっとありますけど。その行為自体は、そんなに、変わったなとか、気にしているなとかそういう感じは全くないですね、彼は。かえって、何かそういうふうに思わせたくないから…なのか、普通に接してくれています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言