※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー19

診断時:32歳
インタビュー時:34歳(2008年7月)
東北地方在住。2005年秋、左乳がんが見つかり、乳房温存術+リンパ節郭清、術後抗がん剤、放射線療法、ホルモン療法を受けた。1年後に転移。骨転移にゾメタの点滴治療を開始、肝転移にラジオ波治療を行った。その後、抗がん剤治療も開始したが、自分の意思で抗がん剤を中止した。一人暮らしで看護師をしている。

詳しいプロフィールを見る

手術をしてから、やっぱり、こう左の胸はちょっとこうケロイドみたいな傷が、今でも残っているんですけど。で、ちょっとこう硬かったんですね、こっち側だけ。で、彼は、やっぱり、その、愛しあうときは、やっぱり、こっちは触らない、こっちだけっていう感じで、最初は、そうしていたんですけど。でも、もう1年ぐらい経ってくるとだんだんこうその放射線を浴びたあとにちょっと黒ずんでいた感じが取れてきて、だんだんこうこっちもあんまり変わらないような色になってきて。で、そんなに、こうつっぱり感もなくなってきたので、何か、普通に、普通なんですけど(笑)。でも、そうですね、(ホルモン療法の副作用で)更年期の症状が去年から出てきて、その何ていうんですかね。あまりこうスムーズにそういうことができなくなったというか、何と言うんでしょうか、ちょっと、まあ、人工的なものを何か使わないと、何かちょっとこうそういう行為ができないとか、そういうのも、ちらっとありますけど。その行為自体は、そんなに、変わったなとか、気にしているなとかそういう感じは全くないですね、彼は。かえって、何かそういうふうに思わせたくないから…なのか、普通に接してくれています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11091 (17) { ["term_id"]=> int(36) ["name"]=> string(45) "からだ・心・パートナーとの関係" ["slug"]=> string(4) "otto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(36) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(36) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(45) "からだ・心・パートナーとの関係" ["category_nicename"]=> string(4) "otto" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る